絵で見る創意くふう事典  》 改善改革探訪記  》  200 
 
 TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 顧客 地域 探訪記 解説 総目次 索引
 
ネット版 改善改革探訪記 bQ00
BACK  

失敗を恐れずチャレンジを続ける会社

 太陽パーツ探訪記

横着して手を抜いたために、失敗したというのは論外だが、結果を予測できず、当てずっぽうで進めてしまって失敗することがある。初めてのことはやってみなければわからない。失敗してはじめて失敗しないための方策を学べる。それを学んで次から失敗しないようにすればよい。結果を予測できる範囲で行動しているかぎり、会社も個人も前に進めない。

失敗を恐れず、あくまでチャレンジを続けるために、太陽パーツは失敗を次のチャレンジに生かそうとする社員に「大失敗賞」を贈っている。

新たに芳香剤やハンドルカバーなどのカーアクセサリーを開発してカー用品量販店に出荷したことがあった。当初は次々追加の注文が入ってきたが、途中から返品されるようになり、最終的には大きな損失が生まれた。カー用品量販店は棚を貸す商法で、一定期間に一定量の売り上げがなければ新たな商品を補充しないかぎり棚を返さなければならないというルールがあったのだが、担当者がそれを知らなかったための失敗だった。

社内には重苦しい空気が充満した。それを吹き飛ばすために城岡陽志社長は、みんなに前で担当者を表彰した。「これくらいの失敗でこの会社はつぶれない。このピンチをチャンスに変えるにはどうしたらいいか、みんなで考えよう」と訴え、奮起を促して危機を脱した。このことがマスコミで繰り返し取り上げられたことがきっかけで、同社は「大失敗賞」を復活した。

(日本監督士協会編「リーダーシップ」2018年2月号で詳報)  
●本文: taiyoparts.pdf へのリンク
●太陽パーツのURL:http://www.taiyoparts.co.jp/ へのリンク
●「リーダーシップ」発行元・日本監督士協会のURL: http://www.kantokushi.or.jp/

大失敗賞の賞状と賞金。写真クリックで本文表示