絵で見る創意くふう事典  》 改善改革探訪記  》  199 
 
TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 お客様 社会 地域 探訪記 総目次 索引
ネット版 改善改革探訪記 bP99
BACK  

マッサージチェアの文化を世界にひろげる会社

 ファミリーイナダ探訪記


マッサージチェアは日本の文化である。ファミリーイナダの稲田二千武(いなだにちむ)社長はそう言われる。マッサージチェア組立の下請けから事業を起し、元請企業に素材、デザイン、組立方法を逆提案したことがきっかけとなって、マッサージチェア専業メーカーとなった。

一時はエステサロン、痩身教室、ウエイトトレーニング製品などにまで多角化したが、自分の社会的使命はマッサージチェアの可能性を極め、世界の人々の健康増進に貢献することだと思い直して、売上の8割を占めていた多角化事業を売却。経営資源をマッサージチェアに集中した。現在は予防医学を取り入れたメディカルチェア開発に力を注いでいる。

高度成長期、鳥取から大阪へ出てビジネスの基本を学んだ時代、倒産の危機を従業員の協力を得て建て直した時代、多角化から転身してマッサージチェアの可能性を極める現代まで、稲田社長のこれまでの歩みを聞いた。

●本文 → family-inada.pdf
●ファミリーイナダのURL → https://www.family-chair.co.jp/
●掲載先 → リーダーシップ 2018年1月号
発行元・日本監督士協会のURL  http://www.kantokushi.or.jp/ )


初期のマッサージチェア。写真クリックで本文表示。


「絵で見る創意くふう事典」の関連事例

会社は社長1人で動いているわけではないhttp://www.souisha.com/jirei12/1212.html#04

経営者には社会に対して果たすべき役割があるhttp://www.souisha.com/jirei14/1404.html#07