絵で見る創意くふう事典  》 改善改革探訪記  》  201 
 
 TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 顧客 地域 探訪記 解説 総目次 索引
 
ネット版 改善改革探訪記 bQ01
BACK  

自産自消社会を目指す会社

 マイファーム探訪記

マイファームの西辻一真社長は、小さい時から土に触れ、植物を観察し、育てるのが好きだった。

大学の農学部に進み、大豆の品種改良に取り組み、品種改良の目的は生産性向上にあり、より少ない人数で多くの収獲を得ることにあると先生から教わったとき、人と農業との関係はそれだけではないと思ったという。

人は農業から食料以上のものを手に入れている。土に触れ農産物を育てるという営みには、自然との触れ合いがあり、人間にとって欠かせない重要な学びがある。その意味で、農業人口はもっと増えていくべきだと考えた。

その思いがマイファームという会社の起業につながっている。耕作放棄地を耕して、体験農園ビジネスをスタートさせ、さらに農業に関心を抱いた人たちに農業の知識と技術を伝え、新しい農業者を次々誕生させて、農業人口減少に悩む過疎地の自治体や農協から熱い視線を浴びている。

(日本監督士協会編「リーダーシップ」2018年3月号で詳報)  
●本文: myfarm.pdf へのリンク
●マイファームのURL:https://myfarm.co.jp/ へのリンク
●「リーダーシップ」発行元・日本監督士協会のURL: http://www.kantokushi.or.jp/

マイファームの体験農園。 写真クリックで本文表示