絵で見る創意くふう事典  》 改善改革探訪記  》  194 
 
 TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 顧客 地域 探訪記 解説 総目次 索引
 
ネット版 改善改革探訪記 bP94
BACK  

地中熱を利用して植物と人間の快適空間を広げる会社

 アグリクラスター探訪記

地中熱の農業ハウスや住宅の暖冷房への利用を進めているアグリクラスター(さいたま市)という会社がある。地下10100mの温度は年間を通じて安定している。地下をボーリングしてこの熱を取り出し、ヒートポンプに導いて、農業ハウスや住宅の室内に夏は冷気を冬は暖気を送るシステムを作り上げた会社である。

福宮健司社長は道路工事のために地下をボーリングして地下の状態を調べる会社の技術者だった人。地中熱で道路を融雪するシステムを作り上げ、それを営業して回っていたとき、ある農業者から「地中熱を農業に利用できないか?」と聞かれたことがきっかけで、この事業の構想が浮かび、会社に事業化を提案したという。残念ながらそれが実らず、それなら…と、自分で起業した。

思いだけが先行してなかなか形を作れなかった時代、関係機関に構想を説いて回り、それが評価されて、ある胡蝶蘭農家からようやく最初の注文をもらったのは創業から2年後だった。その苦労談を福宮社長にきいた。

(日本監督士協会編「リーダーシップ」2017年8月号で詳報)  
●本文:agricluster.pdf へのリンク
●アグリクラスターのURL:http://www.agricluster.com/ へのリンク
●「リーダーシップ」発行元・日本監督士協会のURL: http://www.kantokushi.or.jp/

農業ハウスへの地中熱利用