絵で見る創意くふう事典  》 改善改革探訪記  》  215 
 
TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 お客様 社会 地域 探訪記 総目次 索引
 
ネット版 改善改革探訪記 bQ15
BACK  

衛生・健康・環境を守り、自然との共存を追求する会社

 サラヤ探訪記


サラヤ梶i大阪市東住吉区)は「ヤシノミ洗剤」など天然由来の洗剤や化粧品を製造販売するほか、食品取扱現場や医療現場で使われる感染症対策用品、天然素材の甘味料や低糖質食品など、公衆衛生・食品衛生・医療衛生の分野で多岐にわたる製品を製造販売し、関連した検査や指導も行なっている。

「ヤシノミ洗剤」の原料はパーム油である。2004年、更家悠介社長は、そのために、あるテレビ番組に出演を求められた。ボルネオのアブラヤシのプランテーションが野生生物の生息地を奪っている。そのことをどう思うかと意見を求められたのだった。

それがきっかけとなって同社は、ボルネオの生物多様性保全活動を推進。その後、地球規模で衛生・健康・環境に貢献する活動を展開するようになった。

「自然を大切に」という経営理念の背景、地球規模の活動を可能にした条件は何だったのか…更家社長から話を聞いた。

(日本監督士協会編「リーダーシップ」2019年5月号で詳報) 


●本文: saraya.pdf へのリンク
●サラヤのURL: https://www.saraya.com/ へのリンク
●「リーダーシップ」発行元・日本監督士協会のURL: http://www.kantokushi.or.jp/ へのリンク

ウガンダの手洗いプロジェクト。写真クリックで本文表示