絵で見る創意くふう事典  》 第8章 環境  》 K環境保全への組織的取り組み
 
TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 お客様 社会 地域 探訪記 総目次 索引
 
 環境‐0812 K環境保全への組織的取り組み  BACK NEXT
このページの掲載事例→                       ●081201 産業廃棄物を激減させたクリーニング技術   
 ●081202 ガソリンスタンドをエコステーションにする
 ●081203 工場を挙げてCO2削減に取り組む
 ●081204 食品廃棄物のリサイクルの輪をつくる
 ●081205 林業の活性化を支援する
 ●081206 地球規模で自然を大切にする
 ●081207 自動車リサイクルのシステムをつくる
 ●081208 銅精錬所の煙害の解決を図る
 ●081209 別子銅山を緑化する
 ●081210 里山を復活させ、環境問題への理解を訴える
 
【081201】産業廃棄物を激減させたクリーニング技術   

■和歌山市のクリーニング業、クリーンサワの澤浩平社長は「グリーンDry」方式と呼ぶクリーニング法を開発した。

■従来のクリーニング方式では洗濯物を石油系溶剤に浸けて汚れを取るために界面活性剤を投入し、汚れの付着した界面活性剤をフィルターで漉すが、「グリーンDry」方式ではフィルターも界面活性剤も使わず、遠心力でドラムの内側に張りついた洗濯物に溶剤を噴霧して洗う。噴霧した溶剤はタンクに集め、自動蒸留装置で蒸留し再び洗濯物に噴霧する。

■これにより洗濯時間は10分に1になり、産業廃棄物は激減、溶剤消費量も10分の1で済む。

■「グリーンDry」方式は世界6カ国の特許を取得。メーカーと共同開発した独自のクリーニング機によるクリーニングサービスを展開している。

取材先 クリーンサワ
取材 2006/06/15
掲載 ポジティブ2006/0
探訪記 http://www.souisha.com/tanbouki/tanbouki009.html   

 
 
【081202】ガソリンスタンドをエコステーションにする  


■滋賀県豊郷町のガソリンスタンド、油藤商事の青山裕史専務は、何か環境にいいことをしたいと考え、店頭にアルミ缶とスチール缶の回収ボックスを置いた。
 

■お客さんにはガソリンを入れるついでに空き缶を持ち寄ってもらい、回収した空き缶はガソリン配達のついでに回収業者の拠点まで届ける。このことが販促効果をもたらし、回収対象はやがて、空き缶、ビン、ペットボトル、新聞紙、段ボール、牛乳パックなどへと広がった。 

■天婦羅油の廃油でバイオディーゼル燃料が作れることを知り、バイオディーゼル燃料の精製装置を導入。滋賀県内のレストラン、食堂、農協、公民館、スーパーに頼んで、それぞれの店頭に廃油回収ステーションを設置。さらに県内企業や公共機関の従業員食堂から出た廃油も回収対象に加え、それを精製してバイオディーゼル燃料として販売している。 

■廃油回収は滋賀県内にとどまっているが、自社のガソリンスタンドをエコステーションに変えたいという同業他社にはすべてをオープンにして情報提供しており、同社には全国のガソリンスタンド経営者が見学に訪れている。 

取材先 油藤商事
取材 2013/04/18
掲載 リーダーシップ2013/06
探訪記 
http://www.souisha.com/tanbouki/tanbouki146.html

 
廃油精製装置(左)と廃油回収作業
 
【081203】工場を挙げてCO2削減に取り組む   


■埼玉県は、20112014年のCO2排出量を20022007年の連続する任意の3年間の平均値の6%、さらに20152019年には15%(後に13%に軽減)の削減義務を課すという条例を制定した。レンゴー八潮工場はこれに対応して、3つの方向からCO2削減に取り組んだ。

@従来の1000ニュートンプレス機に代えて1500ニュートンプレス機を導入。強力な圧力で抄(す)いたばかりで大量の水を含んだ板紙から水を搾り、ドライヤーパートの蒸気使用量を大幅削減した。また、ボイラーの燃料の一部を都市ガスからバイオマス燃料に代えた。

A軽量で強度のある中シンを使った段ボールの新製品を開発。軽量化によりトータルのCO2発生量を抑制した。

B「TNP(低燃費)グループ」という小集団活動による省エネ活動を展開。各部署から持ち寄ったアイデアを12人の若手リーダーが評価、取捨選択、さらに肉付けし、インバーターを取り付けたり、モーターを小さくしたり、利用度の低い設備を取り外すなど、コストをかけずに省エネ効果の上がる改善を実施した。また、外部コンサルタントを招いて改善推進の勉強会を開催。広報新聞を発行して、取り組みを紹介し、新たな着眼を促した。

4年間のCO2削減活動で117件が検討課題に上がり、そのうち17件を実施。TNPグループによるCO2削減は6200トンで削減量全体の15%を占めた。新設備導入と新製品の効果を合わせて2015年度からの15%削減の目標クリアのめどがつき、全国の製紙工場のなかでもトップレベレルの省エネを実現。2014年度の省エネ大賞・経済産業大臣賞を受賞した。

取材先 レンゴー八潮工場
取材 2015/04/14
掲載 リーダーシップ2015/06
探訪記 
http://www.souisha.com/tanbouki/tanbouki168.html  

 
巻き取られたロール状板紙(左)とTNOグループによる設備のチェック
 
【081204】食品廃棄物のリサイクルの輪をつくる   
 

2015年の改正食品リサイクル法により、全国の各自治体は、食品廃棄物→堆肥化→農業地への還元→農産物…というリサイクルグループ形成への努力義務が課されることになった。北九州市も官民を挙げて食品廃棄物のリサイクルの輪づくりに取り組むことを決め、楽しい株式会社は食品リサイクル専門事業者としてそれを主導し、市役所環境局がそれをバックアップすることになった。以下はその取り組み事例である。

[楽しい産直市場の開催]
 生ゴミリサイクル堆肥を使っている20軒の農家が、北九州市内のスーパーの店頭を借りて毎日野菜を出品し「楽しい産直市場」を開いている。農家が自分で野菜に値を付け、売上の15%は売り場を提供したスーパーの、85%は農家の収入になる。売上は月200万円に上っている。

減農薬循環米のリサイクル
 リサイクルセンターから車で30分圏内の下関市の棚田の内日三町(うついさんちょう)の37軒の農家は、生ゴミリサイクル堆肥を使って減農薬循環米を生産している。ここで生産された減農薬循環米は、北九州市内のウナギ料理店、天婦羅料理店、和風バイキング店、民芸茶屋、市役所食堂、介護付き有料老人ホームなどで利用される。

[循環芋焼酎]
 各地の障害者施設が生ゴミリサイクル堆肥を使ってさつま芋をつくっている。そのうち、北九州・京都・千葉・宮崎の4カ所の障害者施設の障害者たちと2カ所の一般農園が、さつま芋「黄金千貫(こがねせんがん)」を育て、それを宮崎県えびの市の酒造会社に送り、そこで「黄金千貫」を蒸し、仕込み、蒸留して本格循環芋焼酎をつくっている。焼酎は「明月五良」と名付けられ、楽しい株式会社がリサイクルの輪に参加した関係者に向けて販売。「五良」は、消費者に良し、生産者に良し、社会に良し、地球に良し、子孫に良し…の五方良しの意味。

[岡垣町レストラングループによるリサイクルの輪]
 北九州市内の保育園や病院などに納められた生ゴミ発酵分解装置の一部による一次発酵物は、北九州市の西20キロの岡垣町にあるレストラングループ傘下の農業法人で堆肥化。岡垣町内の35軒の農家がその堆肥を利用して農作物を育てている。出来上がった農作物はこのグループのレストランで使われる。

取材先 楽しい株式会社
取材 2016/06/08
掲載 リーダーシップ2016/08
探訪記 http://www.souisha.com/tanbouki/tanbouki182.html

 
福祉施設の障害者たちによるさつま芋の収穫(左)と小学校で行われた食品廃棄物リサイクルの出前授業
 
 【081205】林業の活性化を支援する  
 

■第1次産業が衰退すれば、人にとって住みやすい環境は失われていく。そこで、第1次産業の活性化に力を貸してほしい…石川県知事から建機メーカーのコマツのトップにそんな相談があり、これが契機となって、2013年、コマツは、石川県と石川県森林組合連合会との間で「林業に関する包括連携協定」を締結した。

■間伐材や、雪で曲がったりキズがついた木は、かつては薪や木炭の原料になったが、現代では森に放置され、流木災害の原因になり、あるいは、熊・鹿・猪の棲み家となって鳥獣被害を増やす原因にもなる。それらを防止するには、森林から未利用材を除去しなければならない。そこで、未利用材をチップ化してバイオマス燃料としてコマツの工場で使ってもらえないか…と森林組合は要望した。森林組合にとってはそれまで何の価値もなかった未利用材が有価物に代わる。コマツはエネルギーコストが削減され、CO2排出量を減らすことができる。県にとっては県内の森林整備が進み、地域の環境が実現できることになる。

■こうして2015年から、コマツは森林組合から年間7000トンの木材チップを購入し、それによる粟津工場のバイオマス発電が始まった。そのことがマスコミに報道され、県内事業者の視察が相次ぎ、コマツに倣ってバイオマス発電、バイオマス給湯に切り替える事業所が現れた。また、コマツは小松駅前に木造の事務所棟、工場内に木造の新食堂を新設し、地元木材の良さをアピールしている。さらに、県内の一部の森林ではコマツの林業機械「ハーベスタ」の試験運用が始まっている。 

取材先 コマツ粟津工場
取材 2017/01/20
掲載 リーダーシップ2017/03
探訪記 http://www.souisha.com/tanbouki/tanbouki189.html 

 
粟津工場のバイオマスボイラー(左)とサイロに木質チップを搬入するトレーラー
 
【081206】地球規模で自然を大切にする   


■「ヤシノミ洗剤」を製造販売するサラヤの更家悠介社長は、2004年、あるテレビ番組から出演依頼を受けた。ボルネオ島のアブラヤシのプランテーションが年々面積を拡大し、その結果野生生物の生息地が奪われている。アブラヤシを原料にして「ヤシノミ洗剤」のメーカーとしてこのことをどう思うか、とそこで問われ、「野生生物の悲惨な状況は知らなかった。どんな対応方法があるか調べてみたい」と答えて、現地の事情を確かめてみることにした。

■更家さんは、RSPO(持続可能なパーム油のための円卓会議)という組織に参加。関係国、NGO,農園関係者、企業経営者らと議論を重ね、他のメンバーとともに野生生物が移動できる生息地を確保しようとする「緑の回廊計画」を提案。以後は緑の回廊を残すという条件の下で生産されたパーム油だけが取引されることになった。

■サラヤは「ヤシノミ洗剤」の売り上げの1%。を野生生物の生息域を広げる活動に寄付することを決め、そのことを同テレビ番組で報告。以来、サラヤは地球規模で自然を大切にする会社として知られるようになり、2010年からはアフリカ東部のウガンダで「100万人の手洗い運動」、エジプトではホホバの木の植林によって砂漠の緑化に取り組む運動、などを展開するようになった。

取材先 サラヤ
取材 2019/03/19
掲載先 リーダーシップ2019/05
探訪記 http://www.souisha.com/tanbouki/tanbouki215.html

 
ヤシノミ洗剤(左)とボルネオのプランテーション
 
 【081207】自動車リサイクルのシステムをつくる   
 

■自動車解体業の近藤自動車商会(後の会宝産業)は、クウェート人が中古エンジンと中古部品を大量に買って行ったことから、自動車中古部品に対する海外からの需要が非常に大きいことに気づき、次のような中古エンジンと中古部品のリサイクルシステムを作り上げた。

@北陸地方の自動車解体業者から中古エンジンと中古部品を集め、発展途上国に輸出するための共同組合を結成したが、同一地域の同業者間では利害が対立してうまくいかなかった。

Aそこで、改めて自動車解体事業者のリサイクル研究会を母体にNPO法人「RUMRe-Use Motorization)アライアンス」を設立。このメンバーによって各地で「自動車リサイクルシンポジウム」を開催し、地球規模の自動車リサイクル推進を訴えた。

B国際リサイクル教育センター(IREC)を開設。自動車リサイクルの考え方と実技の教育カリキュラムをつくり、RUMアライアンスメンバー企業の社員教育を行った。

CJICA(国際協力機構)の協力を得て、発展途上国を歴訪。日本の取り組みを紹介し、関心を寄せてくれたいくつかの国と地域の自動車リサイクルに影響を与えた。

DオンラインネットワークシステムKRAを開発。自動車中古部品のひとつひとつについて、車種・年式・どんな状態の中古車から取りだされた部品か…などの品質情報をバーコード化し、流通を促進した。

EKRAシステムに沿って品質表示された中古品を国内リサイクル事業者から集め、アラブ首長国連邦に開設したオークション会場で取引が成立したものについて、各社から輸出先に直接販売する仕組みをつくり、会宝産業がその輸出を代行している。

取材先 会宝産業
取材 2019/07/29
掲載先 リーダーシップ2019/09
探訪記 http://www.souisha.com/tanbouki/tanbouki219.html

 
アラブ首長国連邦の中古自動車部品オークション会場
 
 【081208】銅精錬所の煙害の解決を図る    


■別子銅山から採掘された銅を製錬するために1893年から新居浜精錬所が稼働を始めた。しかし、その製錬過程で発生した亜硫酸ガスが農作物を枯らすなどの煙害問題が発生した。

■住友家の第2代総理事、伊庭貞剛はこれに対応して、新居浜の沖合、20キロにある無人島、四阪島への精錬所移転を決めた。20キロも離れていれば有毒な煙は海上で雲散霧消すると考えられたのである。

■莫大なコストと時間をかけて移転が行われ、1905年四阪島精錬所が操業を開始した。しかし、亜硫酸ガスを含んだ煙はむしろ海上で拡散し、東予地域全体に煙害が拡がった。

■第3代総理事、鈴木馬左也は農民との間で賠償金を支払い、米と麦の生育期間中の精錬作業を停止することを誓約する一方で、問題解決のための技術開発に力を注いだ。

1913年には、硫化鉱中の硫黄分を回収して硫酸を製造し、そこから肥料(過燐酸石灰)を製造。1929年には硝酸を使用して亜硫酸ガスを硫酸に転換して回収する技術を導入することで亜硫酸ガスの発生を劇的に抑制。1939年には亜硫酸ガスをアンモニア水で中和し、亜硫酸アンモニア溶液として回収することで、亜硫酸ガス排出ゼロを実現した。ここにいたって、煙害問題は発生から47年を経て全面解決した。

取材先 別子銅山記念館
取材 2019/12/17
掲載先 リーダーシップ2020/02
探訪記 http://www.souisha.com/tanbouki/tanbouki224.html 

 
  【081209】別子銅山を緑化する  


■別子銅山の経営は樹木の大量伐採、大量消費の上に成り立っていた。人の手で掘られた坑道は坑木で支えながら掘り進めねばならなかったし、採掘された鉱石は、それを溶かして銅とそれ以外の不純物を分離するために、大量の木炭を必要としていたからである。その上に製錬時に発生する亜硫酸ガスが木々の生育を阻害していた。

■このため、後の住友家第2代総理事で、別子銅山支配人となった伊庭貞剛がはじめて見た別子銅山は、山肌の露出した丸裸の状態だった。「別子の山を、荒れ果てたままにしておくことは天地の大道に背く。乱伐の後を償い、全山をもとの青々とした姿にして、これを大自然に返さねばならない」伊庭はそう語り、1894年に「大造林計画」を打ち出し、毎年100万本以上の植林を開始した。

■第3代総理事、鈴木馬左也はその計画を受け継ぎ、多い時には年間250万本を植林して森を再生した。現在の別子銅山は見事に緑深い山に戻っている。

取材先 別子銅山記念館
取材 2019/12/17
掲載先 リーダーシップ2020/02
探訪記 http://www.souisha.com/tanbouki/tanbouki224.html

 ←明治初め頃、植林前の別子銅山、別子銅山記念館提供
 
 【081210】産廃の焼却を停止、リサイクル率を高め、産廃処理への理解を訴える  


■埼玉県のくぬぎの森の石坂産業は、産業廃棄物の焼却炉によるダイオキシン発生の元凶とされ、地元住民から「出ていけ」という反対運動が起り、それまで同社に建築廃材処理を委託していた企業からも、次々取引停止の通告を受けた。

■そこで、石坂典子社長は、焼却炉を廃止、知識・技術を結集してリサイクル率を業界トップレベルまで高め、さらに、業界ではじめて環境ISO 、品質ISO 、労働安全衛生MSを同時取得したが、それでも地域住民の反対は止まなかった。

■産廃はみんなが捨てたものである。その処理の行方を知らないまま、人々は反対を唱えている。それなら産廃事業者の側からもっと積極的に発信すべきと、石坂社長は、リサイクル工場の見学路を設置、工場周辺の5Sを徹底、荒れ放題だった周辺のくぬぎの森を整備し、見学に訪れた人たちが散策できる里山を復活させた。

■この活動が、各界から評価され、様々な賞を受賞したことなどがきっかけで、年に何万人もの見学者が訪れるようになり、大手企業が石坂産業に産廃処理を依頼するようになって、産廃処理事業者としての同社のブランド価値が高まったという。

取材先 石坂産業
取材 2020/02/05
掲載先 リーダーシップ2020/04
探訪記 http://www.souisha.com/tanbouki/tanbouki226.html

 
左から、電動重機による建築廃材の粉砕、施設見学する小学生たち、くぬぎの森を走るミニSL
▲このページトップへ