絵で見る創意くふう事典  》 改善改革探訪記  》  071
 
 TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 顧客 地域 探訪記 解説 総目次 索引
 
ネット版 改善改革探訪記 71 BACK NEXT
生産方式は時代とともに変遷する
 キヤノン電子探訪記

キヤノン電子(埼玉県秩父市)は最近9年間に工場スペースを6割減らし、電気代、CO2排出量を半減。売上高経常利益率を1.5%から13%まで、8.6倍に向上させた。

背景にコンベア生産からセル生産への変換がある。長大なコンベアを小さな屋台に変え、その周辺に部品を置いたことで、人や物の移動の無駄がなくなり、生産リードタイムが短縮され、仕掛品在庫、スペース、電気代、CO2排出量が大幅に減少した。セル生産のもう一つの特徴は作業者の自由度が大きくなることで、それを利用して作業者の技能とやる気の向上に力を注ぎ、生産性アップに直結させた。さらに、製造で始まった改革のムーブメントを上流と下流にまで広げた。開発部門では開発期間の短縮に努め、販売部門では営業マンが修理マンと経営コンサルタントを兼ねて多能化して成約率を高めた。大幅な利益率向上はそれらの結果である。

だが、「セル生産は終わりに近づきつつあります」と酒巻久社長は言う。年数を経て導入時の緊張や活発な改善を維持することは次第に困難になっており、一部は完全自動化ラインに置き換えられている。

生産方式は時代とともに移り変わる。セル生産も終わりが来ることは分かっていて、自動化技術の研究も同時並行で進めてきた。ただ、セル生産の効率をぎりぎりまで高めてから自動化に置き換えているから、今は非常に効率のよい自動化になっているという。日本のトップメーカーが時代に合わせて自らの姿をどんどん変えていっているのを目の当たりにした気がした。


(「ポジティブ」2008年10月号で詳報)→canondenshi.pdf へのリンク
セル生産の現場