絵で見る創意くふう事典  》 第14章 社会  》 A文化を発信する
 
TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 お客様 社会 地域 探訪記 総目次 索引
 
社会‐1402 A文化を発信する BACKNEXT


 このページの掲載事例→           ●140201 美術コレクションを一般公開する  
 ●140202 メッキ教室の開講とYOSAKOイッチョライへの参加 
 
【140201】 美術コレクションを一般公開する   

■鋳鉄製プーリー製造業、鍋谷バイテックは、織田信長の時代から岐阜で鋳物を作ってきた工房で、現在、その工場は「関工園」と呼ばれている。「工場」というところを「工園」と呼ぶのは周辺に教育施設が集まっている環境との調和を考慮したためだという。

■工場らしくない斬新なデザインの建物の入口を入ると、中は公園のようにゆったりしていて、そこに「岐阜現代美術館」があり、地元出身の抽象画家、篠田桃紅(しのだとうこう)を中心とした美術作品が展示されている。創業家一族出身の岡本太一会長のコレクションを一般公開したものだという。

■社員でなくても誰でもいつでも中に入って鑑賞することができ、しばしばここでコンサートも開かれる。鍋谷バイテックはここにモノづくりの理想郷をつくろうとしている。

取材先 鍋屋バイテック(tanbouki044)
取材 2007/07/05

掲載 ポジティブ2007/09

本文 nabeya.pdf へのリンク
 

 ←岐阜現代美術館
 
 【140202】 めっき教室の開講とYOSAKOIイッチョライへの参加   


清川メッキ工業(福井市)ではお父さんやお母さんが会社でどんな仕事をしているのかを知って貰おうと、社員の家族を対象に「めっき教室」を開いた。1人ひとり銅板に絵を描き、絵の部分だけ切り取って、ニッケルめっきと金めっきをして、キーホルダーをつくる。さらに、それを大切な人にプレゼントして喜んでもらうことを体験し、働くことはどういうことかを知ることを目的とした。

■このことを伝え聞いた各地の学校や施設から、ウチでも「めっき教室」を開いてほしいという依頼が入るようになり、入社2〜3年目の若い社員がめっき教室の講師役をつとめている。また、会社のホームページでも「めっき教室」を開講し、そこでもめっきとは何か、めっきはどのように役に立っているか、めっきの歴史…などを分かりやすく解説している。

■さらに、毎年夏に開催される福井フェニックス祭で、同社は異業種の2社と合同でヨサコイの連を作ってそれに参加しており、その連に入って練習を重ね、夏の祭に参加することが、毎年の新入社員の役割になっている。新入社員のときから、異業種と交流し、みんなでくふうし、社会に向けて発信することの一環だという。

取材先 清川メッキ工業
取材 2014/12/22
掲載 リーダーシップ2015/02
本文 
kiyokawa.pdf へのリンク 

 
↑めっき教室(左)とYOSAKOIイッチョライ
 ▲ページトップへ