絵で見る創意くふう事典  》 第14章 社会  》 B社会のニーズに対応して事業創出する
 
TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 お客様 社会 地域 探訪記 総目次 索引
 
組織‐1403 B社会のニーズに対応して事業創出する BACKNEXT


 このページの掲載事例→          ●140301 新しいアートのまちをつくる  
 ●140302 貴志川線を復活させる  
 ●140303 要介護者の身体的拘束とおむつを廃止する  
 ●140304 府営公園の福祉園芸・自然再生・防災に取り組む  
 ●140305 過疎と高齢化に歯止めをかけた葉っぱビジネス  
 ●143306  
 
【140301】 新しいアートのまちをつくる  

■横浜市中区黄金町の京浜急行高架下には、かつて港湾労働者に食事を提供する小規模飲食店が並び、その中には非合法の風俗営業や麻薬密売を行なう店まで含まれていた。1998年、京浜急行がそれら小規模店舗に立ち退きを要求。さらに住民と警察による違法店舗排除運動が起こり、横浜市がそれをバックアップして2005年に違法店舗一掃を実現した。

■黄金町の店舗の改修の相談を受けた神奈川大学教授で建築家の曽我部昌史さんは、そこをアーティストの活動拠点とすることを提案。それが採択され、曽我部さんと神奈川大学の学生たちはそこにアーティストの活動拠点「BankART桜荘」を建設した。

■曽我部さんらはさらに横浜市の依頼で、京浜急行高架下にアーティストの活動拠点「黄金スタジオ」を建設。完成後の2008年9〜12月、この地域の負のイメージを払拭し、新しいアートの町をアピールするために、実行委員会を編成して、横浜市のバックアップを得て「黄金町バザール」というイベントを開催した。

■「黄金町バザール」では地域の商店街の店主のポートレイトを油絵で描き、それをスタジオに並べて展覧会をひらいたり、スタジオ内の電気釜で茶碗を焼いて、それで茶会を開いたり、ペーパークラフトの果物の折り紙を展示し、折り紙キットを販売するなど、新しいアーティストの町を情報発信した。

取材先 神奈川大学曽我部昌史研究室tanbouki 083
取材 2009/01/29
掲載 ポジティブ2009/04
本文 sogabekenkyuusitu.pdf へのリンク 

 
↑黄金町スタジオの外観と内部
 
【140302】貴志川線を復活させる   


2004年、和歌山と当時の貴志川町(現紀の川市)貴志川を結ぶ南海電鉄貴志川線の廃線が発表された。地域の人口は増えていたが、マイカー通勤者が増え電車の利用者が年々減少していたためである。住民たちは結束して存続を求め、結局、土地と設備は行政が取得し、岡山の両備グループが100%出資して新たに和歌山電鐡鰍設立。2006年から電車の運行を引き受けることになった。

■南海電鉄時代、毎年5億円出ていた赤字は、和歌山市と貴志川町が年間8200万円、10年間にわたって補填することが決まり、和歌山電鐡は5億円の赤字を最大8200万円にまで圧縮しなければならなくなった。

■それまでの44人の鉄道運営体制が29人にまで圧縮された。通常の鉄道会社は、運転手は運転だけ、駅長は駅務だけ、整備士は整備だけ行なうのだが、和歌山電鐡では29人全員が1人で何役もこなす。14駅のうち有人駅は2駅だけになった。

■終点の貴志川駅も無人駅となったが、駅の隣の雑貨店のおばちゃんが猫の「たま」の猫小屋を駅に置いてほしいと頼んだことがきっかけで、ガラス張りの猫小屋が作られ、そこで乗降客を出迎える「たま駅長」を写真に撮るために各地から電車に乗ってやってくる人が増えた。

■地域住民は「貴志川線の未来をつくる会」を結成。1000円の会費を払って協力を申し出た会員は6000人に上り、貴志川線の乗客を増やすために、観光ポイントの掘り起し、案内看板の設置、観光地の清掃などを行なっている。

■さらに、和歌山電鐡専務、貴志川線の未来をつくる会代表、行政の代表、学識経験者、そして和歌山電鉄社員が事務局となって、「貴志川線運営委員会」を組織。毎月1回会合を開いて、観光客を増やし沿線住民の利用を増やすための方策を話し合っており、その中から「いちご電車」「おもちゃ電車」「たま電車」などを導入、いちご狩り、三社参りスタンプラリー、名曲リサイタル、土星と春の星座を見る会…など年間50本に上るイベントを開催している。

取材先 和歌山電
取材 2009/03/10
掲載 ポジティブ2009/05
本文 wakayamadentetsu.pdf へのリンク

 
↑おもちゃ電車(左)と貴志川駅たま駅長室
 
【140303】 要介護者の身体的拘束とおむつを廃止する  


■重度の要介護者をケアする特別養護老人ホームでは、人手不足の中で転落や転倒を防止するために、やむを得ず利用者の身体を拘束する場合がある。しかし、相手の意思に反して自由を奪えば、気力と体力を奪い、死期を早める。トイレまで連れて行く排泄ケアを惜しんで、おむつを付けさせることも、尊厳をキズつけ、気力を萎えさせる。

■社会福祉法人こうほうえんは、2001年に身体拘束廃止を宣言。その後「介護の質向上委員会」が中心となって、おむつゼロにも取り組んできた。食事・排泄・入浴を目的と考えてはならない。目的は個別ケアであると説いた。食事・排泄・入浴を目的と考えると、拘束してでもそれを完遂しようとする。しかし、本当に求められているのは、1人ひとりと向き合い、その人の生活を尊厳に満ちたものにすることである…と全員に徹底した。

■毎年1回「法人研究発表会」が開催され、そこでは、各職場が取り組んだ改善事例が発表される。その中に、たとえば、次のような事例がある。

・大腿骨骨折した98歳の女性は毎日パッド交換していたが、彼女は「便所に行きたい」と訴え続けた。それに応えるために、介護福祉士らは食事を改善して自然排便に近付け、リクライニング車椅子から普通の車椅子に移乗できるよう姿勢を改善、最終的には自分で尿意・便意を伝えて、車椅子でトイレに行けるようになった。その結果、心身ともにおだやかになり、要介護度は5から3に低下した。

・在宅介護サービスの利用者の家族が食事づくりに疲れたときや、家族の記念日などのために、立ち寄って食事ができるように、同法人が運営する高齢者向け優良賃貸住宅内のレストランのメニューに介護食を加えた。

・保育園の園児と、同じ建物の中のデイサービス利用者や特養利用者の交流の機会をつくり、一緒に歌を歌い、楽器を演奏し、一緒に絵を描く機会をつくった。子供たちはお年寄りたちと仲良くなり、お年寄りたちも表情が柔らかく、優しくなった。

取材先 こうほうえん
取材 2014/09/16
掲載 リーダーシップ2014/11
本文 
kohoen.pdf へのリンク

 
↑利用者の話を聞く介護スタッフ、デイサービスセンターで歌を歌う、施設での食事風景
 
 【140304】 府営公園の福祉園芸・自然再生・防災に取り組む  

■公共施設の清掃作業を受託している美交工業は、2006年から大阪府営の住吉公園、2010年から府営久宝寺緑地の指定管理者になった。それまでのように公園を清掃するだけでなく、府民にとって魅力的で価値ある公園にしていく工夫が求められる。そこで、次の3つの活動に取り組んでいる。

■園芸福祉… 特別養護老人ホームに協力を求め、ホームの利用者とともに花を植え、野菜を育て、収穫した野菜で調理することで、ホーム利用者たちの癒しに役立てたことがあった。その経験をもとに、精神障害者社会適応訓練事業の受入事業所となり、福祉園芸を学んだ社員の下で、精神障害者に園芸療法を実施。癒し効果を確認し、この精神障害者は6カ月後にハローワークを通じて就職している。

■自然再生… 久宝寺緑地の「心字池」は高齢者たちの釣り堀として利用されていたが、水の循環施設がないため夏は褐色に濁った。そこで、生物学者やNPO法人の協力を得て、利用者参加型のイベントとして「どび流し」という池の浄化法を実施した。

■防災… 久宝寺緑地は、災害時には広域避難場所となり、避難者を受け入れ、負傷者救出や救急物資配送拠点としての機能も求められる。そこで、関係機関と連携を図りながら、その役割が果たせるよう、ISO22301(事業継続)の認証を取得。剪定枝を薪にして災害時の燃料として保管しておくなど、いざというときの対策立案能力、事業継続能力の向上に努めている。

取材先 美交工業
取材 2015/06/05
掲載 リーダーシップ2015/08
本文 bikoh.pdf へのリンク


↑福祉園芸活動(左)と心字池のどび流し活動(右)
 
【140305】 過疎と高齢化に歯止めをかけた葉っぱビジネス   


■徳島県上勝町は過疎化と高齢化が進み、保護行政に頼って働く意欲を失った人が多かった。農協職員だった横石知二さんは、その人たちに畑で何を作れば売れるかの情報を提供し、働く意欲を喚起しようとした。

■日本食のつまものとして葉っぱが珍重されているのを知った横石さんは、これをビジネスにしようと考え、上勝町の葉っぱを集めて、京都や大阪の料亭や割烹店に持って行ったが、まるで相手にしてもらえなかった。

■料亭や割烹店に何度も通い、板前に教えを請い、葉っぱが季節感を先取りするものでなければならないこと、器の色や形に合わせて、様々な色・形・大きさの葉っぱが必要になることがわかり、それに合わせて、求められる品質・栽培方法・供給方法を工夫した。

■高齢者たちはいま、それぞれにパソコンを持ち、農協が発信する葉っぱの受注状況をインターネットで見て、その受注を引き受けるというとき画面上のボタンをクリックする。早くクリックしないと、他の人にとられてしまう。その緊張感が高齢者たちの老化を防止している。

■この町のこうした取り組みが若者たちの関心を呼び、インターンシップ研修生に応募し、中には移住してくる若者もいて、過疎化と高齢化に歯止めをかけつつある。

取材先 いろどり
取材 2015/09/09
掲載 リーダーシップ2015/11
本文 irodori.pdf へのリンク

 
↑パソコンの前で葉っぱをパックする上勝町民(左)とインターンシップ研修生募集のポスター
 ▲ページトップへ