絵で見る創意くふう事典  》 改善改革探訪記  》  220 
 
TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 お客様 社会 地域 探訪記 総目次 索引
 
ネット版 改善改革探訪記 220 BACK  

総合商社への道を開いた近江商人の事績を訪ねて

 伊藤忠兵衛記念館探訪記


商取引を永続させるには、売り手と買い手の間に信頼関係を築き、双方が利益を得られるような関係をつくらねばならない。そのようにして良質の商品を適正価格で、長く安定的に流通させることができれば、やがてその地域の発展にもつながる。近江商人たちはこんな考え方を持っており、後世の研究者はそれを「売り手よし、買い手よし、世間よし」すなわち「三方よし」と表現した。

現在の総合商社、伊藤忠商事と丸紅の創業者、伊藤忠兵衛は、そのことを「利真於勤(利ハ勤ムルニ於イテ真ナリ)」、すなわち、「真の利益は、お客様のために働き、世の中に貢献するという商人の務めを果たした結果として、手にするものでなければならない」と言っている。

忠兵衛は「在所に惚れよ、仕事に惚れよ、女房に惚れよ」という言葉も残している。勤勉家であり、愛妻家であり、地域・社会・国家にまで思いを馳せた人だった。滋賀県豊郷町の伊藤忠兵衛記念館を訪ね、伊藤忠兵衛の生い立ちから後の総合商社の礎を作るまでの歩みを、同館常務理事の桂田繁氏から取材した。

(日本監督士協会編「リーダーシップ」2019年10月号で詳報) 

●本文: itohchubeh.pdf へのリンク
●伊藤忠兵衛記念館のURL: http://toyosatosaibikai.or.jp/
●「
リーダーシップ」発行元・日本監督士協会のURL: http://www.kantokushi.or.jp/ へのリンク

伊藤忠兵衛屋敷の店の間、中の間、仏間。写真クリックで本文表示