絵で見る創意くふう事典  》 改善改革探訪記  》  218 
 
TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 お客様 社会 地域 探訪記 総目次 索引
 
ネット版 改善改革探訪記 bQ18 BACK  

オーガニックコットンで食べられるタオルをめざす会社

 IKEUCHI ORGANIC探訪記


綿畑には大量の殺虫剤、枯葉剤が投入されており、防虫と除草剤への耐性を高めるために遺伝子を組み換えた種子が使われている。食用ではない綿には農薬や遺伝子組み換えの規制が及んでいないためだ。

しかし、私たちはタオルで顔や体を拭くし、赤ちゃんがそれを口に入れることもある。タオルはもっと安全安心でなければならない…と考えた池内計司さんは、1999年に「オーガニック120」を開発。以来、農薬や遺伝子組み換え技術を使わないオーガニックコットンでタオルをつくる仕組みを作り上げてきた。

タオルづくりの過程で、環境に与える負荷は可能な限りゼロに近づけなければならない、として製織工程の電気はすべて風力発電で賄っており、そのことから、池内さんのタオルは「風で織るタオル」とも呼ばれる。

新しいブランドを立ち上げるまでの試行錯誤、世界一厳しい廃水基準に適合した排水処理施設の建設、世界に先駆けてオーガニックコットンを目指したデンマーク人、ライフ・ノルガード氏から受けた啓発、納入先倒産による民事再生法適用とそこからの復活…など、紆余曲折の道のりと現在の取り組みをIKEUCHI ORGANICの池内計司代表に聞いた。

(日本監督士協会編「リーダーシップ」2019年8月号で詳報) 

●本文: ikeuchi-organic.pdf へのリンク
●IKEUCHI ORGANICのURL: https://www.ikeuchi.org/ へのリンク
●「
リーダーシップ」発行元・日本監督士協会のURL: http://www.kantokushi.or.jp/ へのリンク

東アフリカ・タンザニアの綿畑。写真クリックで本文表示