絵で見る創意くふう事典  》 改善改革探訪記  》  171 
 
 TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 顧客 地域 探訪記 解説 総目次 索引
 
ネット版 改善改革探訪記 bP71
BACK  

豆腐づくりに革命を起こした食品加工機械メーカー

 ワイエスピー探訪記

豆乳を作るとき、普通は大豆を1520時間水に浸す。そのために前日から仕込みが必要で、売上の予測が狂えばロスが生まれた。さらに水に浸すために、大量の水を使い、その水に豆の栄養分が溶け出すから、排水処理が必要だった。
食品加工機械メーカー、ワイエスピー(福岡県飯塚市)が開発した「無浸漬豆乳プラント」はこの水に浸す工程を無くすことで、豆乳の製造時間を1520時間から一気に20分に大幅短縮した。さらに豆乳の品質を安定させ、向上させることにもなった。
「無浸漬豆乳プラント」は業界の長年の夢だった。多額の借入金の返済に苦しんでいたワイエスピーは、その夢を自分たちの手で叶えることで、そこから脱出しようとした。そして、何年にもわたる構想と実験の繰り返しの末に、ようやくそれを実現する。
しかし、夢の発明は当初はなかなか信じてもらえなかった。あるきっかけから第5回ものづくり日本大賞に応募。居並ぶ有名大企業を抑えて、内閣総理大臣賞に輝いてから、ようやく世間の知る所となり、今や全国の豆腐メーカーから次々と引き合いが入るようになったという。

(日本監督士協会編「リーダーシップ」2015年9月号で詳報)  
●本文: ysp.pdf
●ワイエスピーのURL: http://www.ysp-soybean.com/index.html
●「リーダーシップ」発行元・日本監督士協会のURL: http://www.kantokushi.or.jp/

無浸漬豆乳プラント・エコスターのポスター