絵で見る創意くふう事典  》 改善改革探訪記  》  067  
 
 
TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 お客様 社会 地域 探訪記 総目次 索引
 
ネット版 改善改革探訪記 67 BACK NEXT
家族の絆を大事にし社員のやる気を盛り上げる
 吉寿屋探訪記

お菓子のデパート、吉寿屋(よしや)の神吉武司会長は、早起きこそが事業成功の秘訣だという。

毎朝5時に起き、6時に出社。人より大きな声で挨拶し、徹底して整理整頓し、一切のムダを省いて業界トップの利益率を実現。事業を成功に導いてきた。

そのようにして人一倍働いて稼いだお金を、神吉さんは自分のために使わなかった。世の中は税金によって成り立っている。それに少しでも貢献したい、と毎年少しでも多くの税金を支払うことを目標にしている。

お金のもうひとつの使い道は社員を喜ばせることである。朝早く出社するのは一向に構わないが、残業は基本的に禁止。夕方6時には帰宅して家族と一緒に食事し、子供の誕生日には一緒になってローソクを消すよう強く言っている。

珍しいものを見つけたら買ってきて社員に抽選でプレゼントする。珍しい果物、感銘を受けた本、食事会への招待。笑顔コンテストの優勝者にはペアでディズニーランド招待。年間最優秀正社員には、翌年1年間に限って年俸3000万円を支給、最優秀パート社員には1000万円を支給している。

少子化と核家族化が進んで人と人との結びつきが薄れてきた昨今、家族という最後の絆を大事にしたいという人が増えているが、そんな時代に即した働き方を工夫し、やる気を盛り上げている。


● 本文 → yoshiya.pdf

● 吉寿屋のURL → https://www.okashi.jp

● 掲載先 → ポジティブ 2008年08月号

よしや寝屋川店。写真クリックで本文表示。


「絵で見る創意くふう事典」の関連事例


●儲けは税金と社員を喜ばせることに使う
http://www.souisha.com/jirei12/1203.html#04

●周りの人を喜ばせる
http://www.souisha.com/jirei12/1203.html#05