絵で見る創意くふう事典  》 改善改革探訪記  》  024  
 
 TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 顧客 地域 探訪記 解説 総目次 索引
 
ネット版 改善改革探訪記 24 BACKNEXT
「作業+改善=仕事」の意識確立をめざす
 竹屋探訪記
デザートメーカーの竹屋(三重県四日市市)のプリン・ゼリー部門で赤字が続いていた。

季節が暖かくなるにつれて多忙になり、夏には常勤パートのほか、土日にアルバイト、夜間に派遣社員を投入していたが、未熟練の上に夜間の派遣は人件費が割高だった。その上、急ぎの注文が入ると現場は生産計画を勝手に書き換え、それが関係者に周知されずに段取りがうまくつながらず、原材料や人の動きにムダを生じさせていた。

事態を改善するため、竹尾典晃社長はコンサルタントのアドバイスを受け入れて、生産計画は自分が承認して初めて正式のものと認めることとし、関係者はいつでも正しい生産計画をイントラネット上で確認できるようにした。何時から何時まで何を生産したかの計画と実績を対比し、ズレがあれば原因を探り、改善を推し進めた。職場をわかりやすくし、仕事をしやすくするために5S運動も展開した。夏場の一時期への生産の集中を避け、平準化を図り土日のアルバイトと夜間の派遣投入を廃止。1年後に黒字に転換した。

利幅の薄い商品で採算をとっていくには厳重なコスト管理とコスト発生に関わるすべての従業員の改善への参画が不可欠である。パートを含む全従業員に「作業+改善=仕事」の意識を確立するため、同社はいまボトムアップの改善活動に力を注いでいる。


(「ポジティブ」2007年01月号で詳報)→takeya.pdf へのリンク