絵で見る創意くふう事典  》 改善改革探訪記  》  020 
 
 TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 顧客 地域 探訪記 解説 総目次 索引
 
ネット版 改善改革探訪記 20 BACKNEXT
小集団活動で地域コミュニティの活性化を図る
至誠第二保育園探訪記

東京都日野市の至誠第二保育園では、園の垣根をこえた広い社会の中で子どもたちを育てるため、そして地域コミュニティの活性化のために、職員のQCサークルが活躍している。

あるサークルはスローフードをテーマにしたイベントを企画し、地域の高齢者を招き、そのうちの1人から手打ちうどんの作り方を教わって、みんなで作ってみんなで食べるイベントを開催した。

またあるサークルは、入園を希望してお母さんと一緒に体験保育にやってきた子どもたちがなかなか遊びの仲間に加われないことを改善するために、次のような取り組みを行った。
@体験保育を通じて体験保育の子ども達と園児との交流を促進したいと思っていること、1人で子育てに悩まず、悩みを分かち合う場にしたいと思っていることを手紙で伝えた。
A体験保育のお母さんたちにアンケートして、子どもをみんなの輪に中に入れたいと思っていることを確認した。
B園児たちに体験保育のお母さんや子供たちに挨拶するよう促し、みんなで挨拶の歌を歌うことにした。
C紙芝居などを活用して職員が遊びの輪の中に入るよう誘いかけた。
D園外の公園などで園児を遊ばせるときも同世代の子どもたちに輪の中に入るように声をかけた。

こうした活動を通じて保育園は都市化と核家族化によって希薄化している地域の人と人のつながりの活発化に一定の役割を果たそうとしている。


(「ポジティブ」2006年11月号で詳報)→shiseidaini.pdf へのリンク