絵で見る創意くふう事典  》 第15章 地域  》 B地域に奉仕する
 
 TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 顧客 地域 探訪記 解説 総目次 索引
 
地域‐1503 B地域に奉仕する BACKNEXT


 このページの掲載事例→                ●150301 花火大会の後片付けをする
 ●150302 市民祭の後片付けをする
 ●150303 タバコのポイ捨てを防止する
 ●150304 小学生の登下校を見守る
 ●150305 有害鳥獣対策を支援する「山びこ事業」
 ●150306 アルミ缶回収からボランティア活動がひろがる
 
【150301】花火大会の後片付けをする  
八代市では毎年10月に球磨川河川敷公園で花火大会が行われるが、八代市シルバーの会員はその翌日の清掃作業に他のボランティア団体とともに毎年参加している。

■花火客が残したゴミや食べ残しなどがを拾い集め、燃えるごみ、アルミ缶、プラスティックに分別。朝7時から作業を開始し、8時半頃に終わる。
    
球磨川河川敷の清掃奉仕活動
 
【150302】市民祭の後片付けをする  
■熊本市では毎年10月に「みずあかり」という市民の祭が行われる。家族の安全や世界平和などの願い事を書いた短冊に添えてろうそくの明かりを飾るもの。

■熊本市シルバー人材センターの会員は、他のボランティア団体とともに、数百人の有志が出て、この祭りの後片付けをボランティアで引き受け、竹灯籠の撤去と周辺の清掃活動を行っている。
   
祭会場の後片付作業
 
【150303】タバコのポイ捨てを防止する  

■観光客にきれいなまちを見てもらおうと愛媛県松山市では「タバコのポイ捨て禁止条例」が施行され、それとともに松山市シルバー人材センターは市から「まち美化推進事業」を受託した。.

■普段は仕事として、数人で市街地の歩道を中心に清掃しているが、毎年10月と12月の2回、地域への恩返しとして、全会員に呼びかけ、松山城周辺と道後温泉を含む市街地のクリーンアップ大作戦を行っている。毎回100人余が参加。班ごとの受け持ち区域を2時間にわたって清掃する。

■揃いのグリーンのジャンパー姿で、火バサミとゴミ袋を持ち、ゴミを拾い集め、タバコを吸っている人がいたら、「ポイ捨てしないでくださいね」と呼びかける。

■これによって市内はいつもゴミのないきれいな状態が保たれており、そのことはしばしば地元テレビで紹介され、広く市民にシルバーの地域貢献を印象づけている。

   
 
【150304】小学生の登下校を見守る  
■豊能町シルバー人材センターでは町内の4つの小学校で、会員たちがボランティアで学童たちの登下校の見守り活動を行っている。朝の登校時と午後3時頃の低学年の下校時、午後4時頃の高学年の下校時の1日3回、毎日欠かさず続けている。9年に及ぶこの活動のお蔭で、事故は1件も起こっていない。

■子どもたちは班に分かれ、それぞれ自宅近くの集合場所に集まり、集団登校するが、会員たちは、各人がその中の3〜4班を担当する。自宅の最寄りの班と一緒に学校に向かい、その後2〜3班が合流。最終的には1人の会員がその数十人の子供たちをみながら、1〜2キロを一緒に歩く。

   
 
【150305】有害鳥獣防護対策を支援する「山びこ事業」  

■耕作放棄地が増え、野生動物が増え、人里に近づいて農作物を食べ荒らすようになった。そこで、市から依頼を受けた舞鶴市シルバー人材センターは次のような「山びこ事業」を行なっている。

@サルの追い払い
 2人ずつペアになってパトロールし、サルを発見するとロケット花火やエアガンを発射して山に追い払っている。

A捕獲アライグマの処理
 猟友会が仕掛けた罠にかかって檻に入れられたアライグマを処分場まで移送。処分後は体長、体重を測り、写真撮影し、処分日時を記録する。

Bドングリ苗の育成サポート
 人里に現れるクマを山に戻すために、シルバー会員がドングリを集めて小学校に持ち込んでいる。小学生が総合学習の一環として、それを育て、2年後に子供たちの手で里山に植える。

   
サルの追い払い
 
【150306】アルミ缶回収からボランティア活動が広がる  

摂津市シルバーに入会したある女性会員は、軽い糖尿病があり、医師から運動をすすめられてシルバーに入会。ボランティアでアルミの空き缶収集を始めた。

■その空き缶収集に周りの会員も協力するようになり、シルバーの清掃活動で集めた空き缶も加わって、集まる空き缶の量は1人で集めていたときの何百倍、何千倍にもなった。

■女性を中心とした20人のグループは空き缶の売却代金をいろんなところに寄付した。阪神大審査の被災地へ、そして歳末助け合い、障害者作業所、ユニセフ、摂津市消防本部…など。

■「やまびこ会」と名付けられたグループは、いまは、小学校の放課後こども教室でこどもたちに工作を教えたり、特養で老人たちに工作を教える活動に取り組んでいる。
また、会員の中にはシルバーの配分金を注ぎ込み、大正川の河川敷に初夏に1000匹の鯉のぼりを泳がせ、冬は並木にイルミネーションを灯して市民を楽しませている人もいる。

   
 ▲ページトップへ