絵で見る創意くふう事典  》 第13章 お客様  》 I新製品・新事業開発でお新しい顧客をつかむ
 
 TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 お客様 社会 地域 探訪記 解説 総目次 索引
 
お客様‐1310 I新製品・新事業開発で新しい顧客をつかむ BACK

 このページの掲載事例→                 ●131001 電気工事用品を開発する  
 ●131102 毎分の電気使用量を見える化する
 ●131103 自転車をパンクから守るエアハブ  
 ●131104 産業廃棄物を激減させた新しいクリーニング技術  
 ●131105 工場で野菜をつくる  
 ●131106 本物志向の野菜を会員制で販売する
 ●131107 歯科技工士の歯科医院に対する営業活動を引き受ける
 ●131108 治療中心の歯科医療から予防中心の歯科医療へ
 
【131001】電気工事用品を開発する  


■電気工事用品は法律によって仕様が厳しく規制されている。未来工業(岐阜県安八郡輪之内町)は、その枠の中で従来品を改良した新製品を次々生み出している。

■スイッチボックス
@従来2箇所だったビス穴を4か所に、その後7カ所に増やした。
A壁に取り付けやすいよう、ビスの長さを20ミリから30ミリに伸ばした。
Bスイッチボックスの輪郭部分にアルミ箔を貼った。これより、上から壁紙を貼っても、金属探知機で位置を検出でき、スイッチを取り付けやすくなった。

■鞘式電工ナイフ
 従来の折りたたみ式を、そのまま出し入れできる鞘式にし、取っ手底部に電線の割り線機構、刃の根元に電線の皮むき機構をとりつけた。

■合成樹脂製フレキシブル管
 ビルの天井・壁・床などに電線を貼るとき、従来は鉄管や塩ビ管を入れていたが、これを合成樹脂製フレキシブル管に変えた。これにより電設工事がやりやすくなった。

取材先 未来工業(tanbouki 004
取材 2006/01/12
掲載 ポジティブ2006/03
本文 mirai.pdf へのリンク

 
左からスイッチボックス、電工ナイフ、フレキシブル管
 
【131002】 毎分の電気使用量を見える化する   

金型製造業、シムックス(横浜市)は電力料金節減システムを開発した。100台近い工場内の設備に電流と電圧の計測メーターを取り付け、消費電力のデータをネットワークを通じて集め、それをパソコン画面で見えるようにしたものである。

時々刻々変化する機械1台ずつの電力消費量が1分ごとにオセロチャートと呼ばれるエクセルの表に記録されている。機械が稼働中のときは「青」、スイッチが入っているのに負荷がかかっていない待機中のときは「黄色」、停止中のときは「赤」で表される。

電気代をミニマム化させるには作業者がこまめにスイッチを切り待機電力をゼロに近づけることだが、それを怠ると表中の黄色のマス目が多くなる。このシステムによって一人ひとりの作業の進め方が一目で分かるようになり、作業者は使わないときには機械のスイッチをきちんと切るようになった。

このシステムは自動車メーカーやスーパーマーケット、レストランチェーンでも利用されているという。

取材先 シムックス(tanbouki 007
取材 2006/03/29
掲載 ポジティブ2006/06
本文 cimx.pdf へのリンク


電力料金節減システムの画像(左)とシムックス本社
 
【131003】 自転車をパンクから守るエアハブ  

自転車の車体と2つの車輪を結びつける回転軸部分をハブという。このハブにエアポンプを組み込み、自転車が走るとタイヤチューブにエアを供給しタイヤチューブの気圧を一定レベルまで高める「エアハブ」という装置がある。気圧が一定レベルを越えると調整バルブが働いてエアは外に逃げるようになっており、タイヤはいつもパンと張っている。

自転車のパンクの多くは空気圧の低下が原因で、エアハブによって一定の空気圧を保つことで自転車のパンクは大幅に減る。

■中野鉄工所(大阪府堺市)が開発し、2005年「ものづくり日本大賞・経済産業大臣特別賞」を受賞したエアハブ搭載の自転車は、中国からの安価な輸入品自転車が増える中、高機能自転車の新しい可能性を広げている。

取材先 中野鉄工所(tanbouki 008
取材 2006/0/11
掲載 ポジティブ2006/0
本文 nakanoiron.pdf へのリンク

  
エアハブのイメージ(左)と工場内部
 
【131004】 産業廃棄物を激減させた新しいクリーニング技術  

■和歌山市のクリーニング業、クリーンサワの澤浩平社長は「グリーンDry」方式と呼ぶ新しいクリーニング法を開発した。従来のクリーニング方式では洗濯物を石油系溶剤に浸けて汚れを取るあめに界面活性剤を投入し、汚れの付着した界面活性剤をフィルターで漉すが、「グリーンDry」方式ではフィルターも界面活性剤も使わず、遠心力でドラムの内側に張りついた洗濯物に溶剤を噴霧して洗う。噴霧した溶剤はタンクに集め、自動蒸留装置で蒸留し再び洗濯物に噴霧する。

■これにより洗濯時間は10分に1になり、産業廃棄物は激減、溶剤消費量も10分の1で済む。

■「グリーンDry」方式は世界6カ国の特許を取得。メーカーと共同開発した独自のクリーニング機によるクリーニングサービスを展開している。

取材先 クリーンサワ(tanbouki 009
取材 2006/06/15
掲載 ポジティブ2006/0
本文 cleansawa.pdf へのリンク

 
【131005】 工場で野菜をつくる   

鉄鋼メーカー、日亜鋼業(尼崎市)の本社事務所に隣接する2棟の工場が移転して空きスペースができ、同社で技術開発を担当していた佐藤雅文さんはトップからその有効活用法の提案を命じられた。

■鉄鋼関連は既に成熟した産業で容易にニッチ市場が見つかるはずはなく、下手をすると研究開発部門とバッティングする。そこで、佐藤さんはアグリビジネスに着眼。工業的手法により野菜をつくる計画を立てた。露地物で3〜4カ月でかかる野菜が植物工場では1.5カ月で収獲でき、6段積みのラックで空間を立体利用すれば、単位面積当たりの生産性は露地物の15倍になる。

■植物工場は2008年5月から始動。レタス・ミズナ・チンゲンサイ・セロリ・ハーブ類などはスーパー、百貨店、ホテル、レストランなどに出荷されており、これらの野菜は2009年2月「メイドインアマガサキコンペ」でグランプリに選ばれた。

取材先 日亜物産tanbouki 086
取材 2009/03/18
掲載 ポジティブ2009/06
本文 nichiabussan.pdf へのリンク


植物工場(左)と日亜鋼業本社
 
【131006】 本物志向の野菜を会員制で販売する    


■日本の農業は食管法で長く守られてきたために農家のプライドと品質意識が育たなかった。それを打ち破り、農業生産者が自分達で育てた農産物を自分達で設定した価格で販売するために、1994年、長谷川久夫代表は農業法人みずほを立ち上げ、茨城県つくば市内に農産物直売所「みずほの村市場」をオープンさせた。

■本物にこだわる野菜づくりの名人たちが契約農家となっており、彼等がつくった本物の野菜が彼らの設定した価格で店頭に並んでいる。農業者の自立に共感する本物志向のお客様が会員となってそれを買っていく。

■売り上げは右肩上がりを続けており、現在の会員数は1万2000人。売上は年間5〜6億円。契約農家45軒の1軒あたりの農業収入は全校平均の4倍近い800万円になるという。

取材先 農業法人みずほtanbouki 087
取材 2009/05/14
掲載 ポジティブ2009/0
本文 mizuho.pdf へのリンク
 

 
みずほの村市場の店内
 
【131007】 歯科技工士の歯科医院に対する営業活動を引き受ける     


入れ歯、鋳造冠、ブリッジなどを作る歯科技工士の多くは個人事業主で、自分で歯科医院を回って営業活動をしている。しかし、本来モノを作るのが本職という歯科技工士にとって、自ら営業に回るのは非効率であり、特定の何軒かの歯科医院の仕事だけしていると、あるときは仕事が集注したり、ある時は仕事が来なくなったり、繁閑の波に苦しめられる。

■そこで、叶ャ田デンタル(千葉県富里市)は、1983年、歯科技工士と歯科医院の間に入って営業活動を引き受けるというビジネスを始めた。営業マンは多くの歯科医院を回ることができ、歯科技工士は得意分野に特化したものづくりができるようになるから、能率が向上し、品質が安定し、歯科医は最短時間で歯科技工物を手に入れられるようになる。

叶ャ田デンタルはさらに、歯の衛生週間のポスターを提供したり、保険の入れ歯と保険外の入れ歯の違いをわかりやすく説明したポスターを作ったりして、歯科医院の経営を支援している。それが歓迎され、全国900人の歯科技工士を3000軒の歯科医院と結び付けるまでになった。歯科技工業界の市場規模は3000億円弱。それを1兆円市場に変えることも夢ではないと石川典男社長は考えている。


取材先 成田デンタル(tanbouki 060
取材 2008/01/21
掲載 ポジティブ08/03
本文 naritadental.pdf へのリンク


成田デンタルのポスター  
 
【131008】 治療中心の歯科医療から予防中心の歯科医療へ     


■寄田歯科クリニック(東大阪市)を開業して10年を迎えようとしていた頃、寄田幸司院長は多忙を極めていた。スタッフ1人ひとりに目配りする余裕も失いそうになっていて、母の危篤の知らせを聞きながら、駆けつける事もできなかった。

■自分が作りたかったのはこんな歯科医院ではなかったと寄田さんは思った。ではどんな歯科医院にしたかったのか。スタッフを集めて話し合う中で出てきたのは、「もっと楽しい歯科医院にしたい」「患者さんから感謝される歯科医院にしたい」「1人ひとりが余裕を持った仕事ができるようにしたい」ということだった。

■そこから治療よりも予防に力を入れていこうと考えるようになったという。治療に訪れた患者1人ひとりに、歯が悪くなってから削るよりも健康な状態を守る方がすっと大切なことだと説き、予防のために定期的に歯の掃除に通うことを勧め、その後、予防のために通院する患者が増えていった。

■予防歯科医療は保険適用外だから予防だけでは収入にならないが、予防のために通院する人は歯の健康意識が高く、歯並び矯正やインプラント治療など高額治療を希望する人も少なくないから、経営的には十分に成り立つ。さらに、歯のお掃除や清潔な状態に保つ仕事は女性の歯科衛生士が担当するが、自分が担当する患者を持つことで、彼女のモチベーションが高まるという効果も大きいという。

取材先 寄田歯科クリニックtanbouki 075
取材 2008/10/03
掲載 ポジティブ2008/12
本文 yorita.pdf へのリンク
 

 
 ▲ページトップへ