絵で見る創意くふう事典  》 第12章 組織  》 M協力者の力を借りる
 
TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 お客様 社会 地域 探訪記 総目次 索引
 
組織‐1214 M協力者の力を借りる BACK

 このページの掲載事例→             ●121401 異業種からヒントを得る−1  
●121402 異業種からヒントを得る−2 
●121403 異質人材との交流でEVを開発する 
●121404 クリエーターたちの力を結集して「あったらいいな」を形にする 
●121405 レンタル設備のオーナーとなってくれる人を募る
 
【121401】異業種からヒントを得る-1  

■寄田歯科クリニックでは、それまでの治療中心の歯科医療から予防中心の歯科医療に重点を移した。虫歯になりやすい12歳までの子供を対象に「カムカムクラブ」、歯周病の心配が増えてくる40代以上の女性を対象に「ウエルカムサロン」を展開している。

■患者というお客様の目線で歯科医院のあるべき方向をみつめ、治療から予防へ方向転換を図り、組織力によってその実現をめざすというやり方、さらには小冊子の発行やイベント開催、サロンの開設などによるイメージ戦略の手法は、歯科医療業界の常識からは生まれてきにくいが、寄田さんはその多くを異業種交流会から学んだという。中小企業の町、東大阪ならではの活発な異業種交流が生み出した施策だといえる。

取材先 寄田歯科クリニック
取材 2008/10/03
掲載 ポジティブ2008/12
本文 yorita.pdf へのリンク

←カムカムクラブ
 
【121402】異業種からヒントを得る―2   


■道頓堀ホテルは、2008年、ビジネスホテルから転身し、外国人旅行客にターゲットを絞った国際化路線を打ち出した。海外の旅行会社に直接営業に回り、同ホテルを選んでくれた外国人旅行客に日本の良さを知ってもらうおもてなし戦略を展開。おもてなしの具体的な方法は従業員に工夫にまかせている。また、従業員との信頼関係を作るためにありがとう運動や挨拶運動を展開。さらにおもてなしのレベルアップのために異業種の社会貢献事例を読んだり、ディスカッションを重ねている。

■橋本民元専務によると、こうした手法のほとんどは異業種交流会から学んだ。ホテル業界の常識の中で考えていたらおそらくは生まれなかっただろうという。

取材先 王宮・道頓堀ホテル
取材 2015/08/11
掲載 リーダーシップ2015/10
本文 dotonborihotel.pdf

←道頓堀ホテル従業員提案箱
 
【121403】異質人材との協力でEVを開発する   


■大阪府守口市の板金業、淀川製作所は、小倉庸敬さんが社長職を引き継いだ1999年頃から、元受企業からのコストダウン要求が強まり、やがて工場の海外移転に伴う受注減が続いた。「先行きの見通しが立たないから廃業します」という同業者からのFAXが次々と入ってくる中、小倉さんは新しい顧客を開拓し、医薬品の軟膏を練る混練機や魚を3枚におろす機械の製作などを引き受けてきた。

■チャンスを広げるために異業種交流会に参加。そこでEVElectric Vehicle電気自動車)開発を目指す技術者、看板屋、デザイナーと出会い、小倉さんを含めて4人で「あっぱれ!EVプロジェクト」を結成。大阪府の地場産業活性化プロジェクトの助成金を得て、EVMeguru」を完成させた。真っ赤な漆塗りボディ、扇形の扉、御所車のような純和風デザインで、多くの人々をひきつけるものだった。

■開発の様子をテレビ局が密着取材し、EVMeguru」と小倉さんは一躍脚光を浴び、それを契機に淀川製作所には、新しい装置開発の引き合いが次々と入っている。

取材先 淀川製作所
取材  2010/08/30
掲載  リーダーシップ2010/12
本文  yodogawa.pdf へのリンク 

←E“Meguru” 
 
【121404】クリエーターの力を結集して「あったらいいな」を形にする    


■デザイナー、プランナー、システムエンジニアなど、クリエイターと呼ばれる個人事業主の交流の場をつくれば、互いに刺激が生まれて元気になれる。広島市のソアラサービスの社長、牛来千鶴(ごらいちづる)さんは、そう考えて2000年に「SOHOSmall Office/Home Office)交流会」を開催した。その後「共同オフィス」を作って、交流を活発化させ、「SOHOプロダクション」を立ち上げて、クリエイターたちの力を結集。毎年「ひろしまSOHO博」を開催して企業とクリエイターとの結び付きの機会をつくってきた。
 

■あるとき、整腸作用のある竹炭パウダーを売り込みたいとの相談が寄せられ、黒いもみじ饅頭を作ったら…と閃いてメーカーに提案。ネットワークを生かしてクリエーターたちに協力を依頼し、デザインやPRを引き受けて黒いもみじ饅頭の開発と販売に成功した。それを機に地元企業と組んで、唐辛子入りの赤いもみじ饅頭、牛乳入りの白いもみじ饅頭、発泡濁り酒、新食感のうどん、広島菜キムチ、高級ちりめん…などクリエーターたちによって新感覚の新商品を次々生み出して、成功させている。

■「SOHOのためにこんなのがあったらいいな…という発想から始めました。今は広島にあったらいいな…をカタチにすることに力を注いでいます。将来は。途上国の素材を使った高付加価値商品で現地に利益還元して、地球のために役立ちたい」と牛来さんは言う。
 

取材先 ソアラサービス
取材  2012/10/18
掲載  リーダーシップ2012/12
本文  
so@r.pdf へのリンク

 
↑ソアラ交流会(左)と「黒もみじ」
 
【121405】レンタル設備のオーナーとなってくれる人を募る     

2000年に食品リサイクル法が成立し、食品関連事業者に食品廃棄物の発生抑制、減量化、飼料や肥料へのリサイクルが義務付けられた。このとき、生ゴミ発酵分解装置を開発した楽しい株式会社の松尾康志社長は、その装置を1350万円で販売しようとしたが、買ってくれるところはなかなか現れなかった。

■装置を作るのにこれだけかかったから、この値段で買ってくださいというのは、売る側の都合によるプロダクトアウトの発想だった。そこで、売るのは辞めて使ってもらうことを考えた

■食品廃棄物を焼却するのに月9万円の経費がかかっているとしたら、この機械を月7万円のレンタルで使ってもらえれば、月2万円の経費節減になる。その条件でなら使いたいという事業者はたくさんあるはずだ。それを可能にするには、食品廃棄物排出事業者に代わってこの機械のオーナーになってくれる人を探せばよい。

■そこで、5万円でも、10万円でもよい。出資してくれた人には年率4%の配当を支払いますという条件でオーナーを探した。オーナー募集の宣伝広告を出したわけでも、説明会を開いたわけではなかった。オーナーの第1号は松尾さん自身であり、第2号は松尾さんの母上だった。親しい身内から始めて伝手を辿り、食品廃棄物をリサイクルすることでCO2を減らし地球を守ることに貢献するというこの事業に賛同し、信頼してもらうことにした。

■現在のオーナーは46人。出資額は5万円くらいから、多い人で1000万円を超える人もいる。多くは一般市民だが、最も高額の出資者は、いくつかのリース会社で、これらの会社がオーナーに名を連ねてくれたことで、事業は信頼され、安定軌道に乗った。そして、オーナーたちの心を動かし、その気にさせたのは、「楽しい株式会社」という会社名に込めた「文化・環境・福祉の3つの分野に貢献したい」という松尾さん自身のひたむきな思いだった。

取材先 楽しい株式会社
取材 2016/06/08
掲載 リーダーシップ2016/08
本文 merry.pdf へのリンク 

 ←生ゴミ発酵分解装置
 ▲ページトップへ