絵で見る創意くふう事典  》 第8章 環境  》 E節水する
 
 TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コストダウン 事務 IT化 組織 顧客 地域 探訪記 解説 総目次 索引
 
環境‐0806 E節水する  BACKNEXT 
このページの掲載事例→              ●080601 ホースの先端に止水バルブを取り付ける   
 ●080602 トイレ洗浄水を節水する
 ●080603 風呂桶に水位線を入れる
 ●080604 蛇口をネジ式からプッシュ式に替える
 ●080605 あふれた水を元に戻す
 ●080606 試験管洗いを効率化する
 ●080607 流水処理専用ホースをつくる
 ●080608 製鉄所内の水を繰り返し利用する
 
【080601】ホースの先端に止水バルブを取り付ける  
[改善前]
水を出したり止めたりするとき、蛇口まで戻らねばならず、その間、水は出しっぱなしだった。
  [改善後]
ホースの先端に止水バルブを取り付け、水の無駄遣いをなくした。
     
 
【080602】トイレ洗浄水を節約する  

トイレのタンクの中に水を入れて栓をした瓶を沈めた。使用1回について瓶1本分の水が節約できる
 
 
 【080603】風呂桶に水位線を描き入れる  
 [改善前]
風呂いっぱいに水を入れると人が入ったときお湯があふれる
    [改善後]
人が入ったときちょうどいっぱいになる位置に水位線を描きいれ、その線まで水を入れることにした。
     
 
【080604】蛇口をネジ式からプッシュ式に替える  
[改善前]
ネジ式の蛇口は閉め忘れて水をムダにすることがある。
 
  [改善後]
蛇口をプッシュ式に変えた。プッシュ後一定時間水がながれた後、自動的に止まり、水をムダにすることがなくなった。
     
【080605】あふれた水を元に戻す  
[改善前]
比重を量るために試料を水に入れると水があふれ、また補給しなければならなかった
  [改善後]
水槽に補助瓶を取り付けて、あふれた水を元に戻せるようにした。
     
 
【080606】試験管洗いを効率化する  
[改善前]
試験管を洗浄するとき洗剤を使っているが、洗剤の泡切れが悪く、5〜6回のすすぎが必要だった。
  [改善後]
水道の蛇口にゴムチューブを取り付け、試験管の1本1本に入れて水洗いすることにした。すすぎが1回で済み、時間も短くなった。
 
     
 
 【080607】流水専用ホースをつくる  
[改善前]
実験室んでわさびイモのアクヌキするとき、バケツに入れ、水道水を出しっぱなしにしていたが、水の回りが遅く、時間がかかった。
  [改善後]
専用ホースを作り、バケツの底から水を入れるようにした。
 
     
 
【080608】製鉄所内の水を繰り返し利用する  

製鉄所内の各段階の製品は、水を吹き付けて冷却される。回収した水には様々な物質が溶け込んでおり、蒸発によって濃度が上がった水を吹き付けると、製品の錆の原因になるから、一定量の水を補給して増えた分を抜き取る。これをブロー水と呼ぶ、各工程で必要とされる水の水質は一定ではなく、最終製品に近い工程ほど高い水質が要求されるから、最初の水を最終工程で使い、順次ブロー水が前工程の補給水として使い回される。この方法によって、ある製鉄所では1日に210万トンの水を使うが、実際に取水しているのは13万トンにすぎないという。 
   
▲このページトップへ