絵で見る創意くふう事典  》 第3章  品質  》 @確認を習慣づける
 
 TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コストダウン 事務 IT化 組織 顧客 地域 探訪記 解説 総目次 索引
 
i品質-0301 @確認を習慣づける  
人間はいつかどこかでミスを犯します。仕事を間違いなく完成させるためには必ず結果を確認しましょう。当たり前のことですが、それを習慣づけることが大切です。
このページの掲載事例→                         ●030101 測定寸法をマジックで記入する   
 ●030102 患者さんの名前と薬の品名・量を確認する
 ●030103 お客様の前で商品の中身を確認する
 ●030104 金額を声に出してレジ打ちする
 ●030105 ホテルサービスをチェックリストにする
 
【030101】測定寸法をマジックで記入する


図面との照合不十分のためシャフトの切削不良が多かった。そこで、図面を読んだり計測したら、そのつど寸法をマジックインキでシャフトに記入することにした。




 
 
【030102】患者さんの名前と薬の品名・量を確認する  

看護師が患者に点滴注射をするとき点滴薬の入ったビンと医師の指示書を確認するが、ベテランほど指示書をさっと見てわかったつもりで進めてしまい、ミスが発生しやすい。
そこで、患者の名前、薬品の品名、点滴の量などのチェックリストを作り、それらをすべて確認した上で指示書にサインすることをルール化した。


 
 
 
 【030103】お客様の前で商品の中身を確認する  


ケースに入った商品を買われたお客様が思っていた色やサイズと違うと言って返品に来られることがあった。そこで、包装の前にケースから商品を出して、その商品で間違いないかどうかをお客様の目の前で確認することをルール化した。

 
 
【030104】金額を声に出してレジ打ちする  


レジの打ち間違いをゼロにするため次のことをルール化した。
@金額を声に出してレジを打つ。
Aレシートにレジ担当者名がプリントされるようにレジをセットする。
B必ずお客様にレシートを渡す。

 
【030105】ホテルサービスをチェックリストにする  

ホテルのサービスをすべてチェックリストにした。例えば、ラウンジでコーヒーを出すときは、水とお絞りを出したか、砂糖は出ているか、ミルクは出ているか、コーヒーは十分に温められているか…などをチェックリストに沿って確認しながら進める。これによって仕事の抜け落ちがなくなった。

 
▲このページトップへ