絵で見る創意くふう事典  》 第1章  5S  》 D必要な情報が一目でわかるようにする
 
 TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 顧客 地域 探訪記 解説 総目次 索引
 
i5S-0105 D必要な情報が一目でわかるようにする  
必要な情報を表示しておくと、初めての人でもすぐに仕事ができます。「5S」をモノの整理整頓だけでなく、初めての人にもわかりやすくすることと考えれば、工夫の範囲はもっと広がります。
このページの掲載事例→                         ●010501 割れたガラスに手配メモを書く   
 ●010502 ドアの押引を表示する
 ●010503 作業心得をカンバンにする
 ●010504 紙厚ごとコピースピードごとの印字濃度見本を表示する
 ●010505 溶接部位を×印で示す
 ●010506 圧力計に異常時処置方法を表示する
 ●010507 仕事の流れが一目でわかるようにする
 ●010508 溶接機に操作カンバンをとりつける
 
【010501】割れたガラスに手配メモを書く

割れた窓ガラスにいつ誰に連絡したかを書いておく。みんなが同じことを連絡したり、連絡洩れになったりすることを防止できる。
 
 
【010502】ドアの押引を表示する  


ドアを開けるとき、押すのか引くのかわからなかった。そこで、ドアごとに「押」または「引」の文字を貼り付けた。
  

   
 
 【010503】作業心得をカンバンにする  


作業場での服装の心得をカンバンにして掲示した。

 
 
【010504】紙厚ごとコピー速度ごとの印字見本を表示する
 

湿式の青焼きコピーは原紙の紙厚とコピー速度によってコピー濃度が異なる。そこで、各紙厚ごと各コピー速度ごとの印字濃度見本を作って表示した。
   
【010505】溶接部位を×印で示す  


スポット溶接する部位を現物に×印で書き込み、パネルに取り付けて掲示した。

 
 
【010506】圧力計に異常時処置方法を表示する  

[改善前]
ポンプの吐出圧力を測る圧力計は適正範囲を青色で示し、異常値は赤色で表示していた。圧力計が異常値を示したとき、圧力を下げまたは上げなければならなかったが、そのために何をどうすればよいかわからなかった。

[改善後]
圧力が低下しすぎる原因は吸入側のストレーナーが目詰まりしていること、圧力が上がりすぎる原因は吐出側のオリフィスが目詰まりしていることである。そこで、圧力計にツバを取り付け、規定値以下の目盛り部分に「ストレーナー清掃」、規定値以上の目盛り部分に「オリフィス清掃」と表示した。

 
 
 【010507】仕事の流れが一目でわかるようにする  

各人が担当する仕事は部分だが、全体の流れを知らないと正しい仕事はできない。そこで、全体の工程をイラスト化し職場に掲示した。

 
 
 010508溶接機に操作カンバンをとりつける  

電気溶接機の操作方法をカンバンにして掲げた。必ず見えるところに設置しているから、ついうっかりが防止できる。
▲このページトップへ