絵で見る創意くふう事典  》 第1章  5S  》 C中身を表示する
 
 TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 顧客 地域 探訪記 解説 総目次 索引
 
i5S-0104 C中身を表示する  
棚や引き出し、ファイルの背表紙には、何がどれだけあるか、わかるように表示します。文字だけでなく、色分けするともっとわかりやすくなります。
このページの掲載事例→                         ●010401 引き出しの中身を表示する   
 ●010402 作業着のサイズ別に棚を色分けする
 ●010403 ボルト・ナット棚を色分けする
 ●010404 ペ―パーベルトを色で区分する
 ●010405 部署名を表示する
 ●010406 事務所配置図を掲示する
 ●010407 ファイルに分類番号を表示する
 ●010408 ファイルを誰が持ち出したかわかるようにする
 ●010409 フロッピーを色分しタイトルをつける
 ●010410 課内文書保管マップをつくる
 
【010401】引き出しの中身を表示する

引き出しの中に何が入っているかを誰にもわかるように大きく表示した。
 
 
【010402】作業着のサイズ別に棚を色分けする  


作業着のサイズ別に色分け基準を決め、棚に表示した。

   
 
 【010403】ボルト・ナット棚を色分けする  

ビス、ボルト、ナットの棚を径の大きさとネジ山のピッチに応じて色分けした。

 
 
【010404】ペーパーベルトを色で区分する  
[改善前]
鋳造品を研磨するペーパーベルトを図のようなハンガーにかけていた。

[改善後]
ペーパーベルトのキメの粗さの順に赤、桃、黄、緑、青に色分けし、かける位置を表示した。
     
【010405】部署名を表示する  

[改善前]
各部署の表示方法が統一されておらず、外から来られた人にはわかりにくかった。
[改善後]

階段ごとに右のような形式で表示方法を統一した。

 
 
【010406】事務所内配置図を掲示する  

[改善前]
誰がどの席にいるのかわからず、人に聞かねばならなかった。

[改善後]
事務所の入口に右のような配置図を掲示した。

 
 
 【010407】ファイルに分類番号を記入する  

すべての書類に4桁の分類番号をつけ、分類項目ごとに1冊のファイルに収納し、大分類ごとに色基準を作って、ファイルに色ワッペンを貼った。
 
 010408ファイルを誰が持ち出したかわかるようにする  

書棚に棚札をとりつけファイルを引き抜くとこの棚札が降りてくるようにした。ファイルを使う人はこの棚札に名札を差し込むことで、誰がファイルを持っているかわかるようにした。
 
 【010409】フロッピーを色分けしタイトルをつける  

[改善前]
フロッピー置き場にたくさんのフロッピーディスクがあったが、誰が使っているのか、中に何が入っているのかわからないものがあった。

[改善後]
すべてのフロッピーの文書一覧表を打ち出して要・不要をチェック。不要な文書は削除し必要な文書は関連するものをまとめ、テーマによってフロッピーを色分けし、ラベルにタイトルを明示した。必要な文書のうち長期に長期に保存するものは○印をつけ、一定期間経過したら消去するものは印をつけないことにした。
  

 
 
 【010410】課内文書保管マップをつくる  
課内の共用ファイル、共用事務用品の保管場所を示すマップを作った。  
▲このページトップへ