絵で見る創意くふう事典  》 第4章  作業  》 K方法を変えて作業を簡単にする
 
 TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コストダウン 事務 IT化 組織 顧客 地域 探訪記 解説 総目次 索引
 
i作業-0412 K方法を変えて作業を簡単にする  
周りの条件が変わってしまっているのに今までのやりかたにこだわっていると、無駄なやり方になっていることがあります。他に方法はないかと頭をやわらかくして考えてみると、もっと簡単な方法が見つかることがあります。ここではそんな事例を集めました。
このページの掲載事例→                       ●041201 溶接機を持ち上げずにホースを持ち上げる   
 ●041202 ご飯を布でくるんで運ぶ
 ●041203 必要な部分だけピアノに布団を巻く
 ●041204 グレーチングにサンプル採取口をあける
 ●041205 船倉のクレーンでつかめない部分をなくす
 ●041206 焼成機扉の原料固着を防止する
 ●041207 成型品ゲートカット作業をなくす
 ●041208 コンクリートを鉄筋から抜き取る
 ●041209 ネジを切りながらネジ止めする
 
【041201】溶接機を持ち上げずにホースを持ち上げる
[改善前]
ホースが行く手をさえぎっているとき、いちいち溶接機を持ち上げてホースの上を越させていた。

  [改善後]
ホースの方を持ち上げて溶接機の上を越させるようにした。
     
 
【041202】ご飯を布にくるんで運ぶ  
[改善前]
炊飯器を運ぶのが重くて大変だった。
   [改善後]
釜に蒸し布を敷いて炊くことにした。ご飯を布にくるんで運ぶから炊飯器を持ち上げずにすみ、釜にご飯が付かないので洗いやすくなった。
     
 
【041203】必要な部分だけピアノに布団を巻く  
[改善前]
ピアノを出荷するとき布カバーと布団をかぶせていたが、布団が大きく重く時間がかかった。
  [改善後]
必要部だけ布団を巻き、輪ゴムとマジックテープで止めるようにした。

     
 
【041204】グレーチングにサンプル採取口を開ける  
[改善前]
排水のサンプリングをするとき、そのつど溝からグレーチングの蓋を外していた。

 
    [改善後]
グレーチングの一部にサンプル採取口を開け、そこからサンプリングできるようにした。
     
【041205】船倉のクレーンでつかめない部分をふさぐ  
[改善前]
クレーンバスケットで直接つかめない原料を人力で中央へかき寄せていた。
  [改善後]
隅を鉄板でふさぎ、クレーンでつかめない部分をなくした。
     
 
【041206】焼成機扉の原料固着を防止する  
[改善前]
焼成機の扉に固着した原料を除去するのに、ヘラとハンマーを使って削り落としていた。
  [改善後]
焼成機の扉をシートで覆い、シートを交換するだけで扉の清掃ができるようにした。
     
 
 【041207】成型品ゲートカット作業をなくす  
[改善前]
横スライドコアの合わせ面から樹脂を充填すると、製品とスプルランナーがつながった状態で金型から取り出されるので、手でゲートをカットしなければならなかった。

[改善後]
ゲートを片方の横スライドコアに掘り込んだ。これによって横スライドコアが開く瞬間にナイフエッジでゲートカットされ、手でカットする必要がなくなった。
     
 
 【041208】 コンクリートを鉄筋から抜き取る  
[改善前]
コンクリートで地中に杭を打つとき、不純物が浮き上がってくるので、コンクリートを流し込んだ後、上部のコンクリートを剥き出しにして改めてコンクリートを打つ。最初のコンクリート上部を除去するとき、削岩機を使って人力で削り取っていた。


   [改善後]
鉄筋にコンクリートを流し込む前に予めウレタンチューブを被せてコンクリートを打ち、その後杭の頭部にクサビを打って割り、クレーンでコンクリートを吊り上げるようにした。
     
 
【041209】 ネジを切りながらネジ止めする   
[改善前]
ネジを取り付けるために、あらかじめタップ加工によりネジを切っていた。
  [改善後]
セルフタップネジを用い、あらかじめ穴あけだけ開けて置いて、その後ネジを切りながらネジ止めする方法に変えた。

     
▲このページトップへ