絵で見る創意くふう事典  》 第2章  安全  》 A危険箇所にカバーをつける
 
TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 お客様 社会 地域 探訪記 総目次 索引
 
i安全-0202 A危険箇所にカバーをつける  
危険箇所にカバーをつけ、人と危険を接触させない工夫です。
このページの掲載事例→                           ●020201 刃先にカバーをとりつける   
 ●020202 切断機にカバーをつける
 ●020203 ペンチに飛散防止スポンジをつける
 ●020204 電気ノコギリに安全カバーをつける
 ●020205 熱いオシボリをハサミで絞る
 ●020206 飛石防御ネット改良する
 
【020201】刃先にカバーをとりつける

[改善前]
ツールをセットするとき刃先が裸のまま上を向いていたので非常に危険だった。また、スパナはすべる危険があった。

  [改善後]
刃先までボックスでおおい、スパナの代わりにラチェットを使うようにした。
     
 
【020202】切断機にカバーをつける  

[改善前]
砥石が半分露出しており、回転中接触したり、破片が飛び散る危険があった。

  [改善後]
砥石の露出部に扇形のカバーを取り付けた。
     
 
 【020203】ペンチに飛散防止スポンジを取り付ける  


ペンチの先にマグネットに貼りつけたスポンジをとりつけた。切断されると同時にしっかりつかまれるので切断物が飛び散らない。

 
 
【020204】電気ノコギリに安全カバーを取り付ける  

[改善前]
安全カバーがノコ歯の上にしか付いていなかったので、形材を押える手がノコ歯に触れる危険があった。

  [改善後]
図のような安全カバーをとりつけた。
     
【020205】熱いおしぼりをハサミではさむ  


熱いおしぼりをしぼって火傷をしないよう、図のようなおしぼりはさみ器でしぼるようにした。
航空会社の客室乗務員による改善。

 
 
【020206】飛石防御ネットを改善する  


除草班による飛石事故を防止するためのネットはかなり大きなもので、両側から2人で支えなければならず、除草の人手がそれだけ減ってしまい、効率が悪かった。

そこで精華町シルバー人材センター(京都府)では右のような飛石防御ネットを作った。縦2m横3mの大きなネットの上下端にアルミパイプをとりつけたもので、パイプを芯にしてネットを巻きつけると、棒状になって軽く、保管・運搬が便利である。現場ではそれを広げ、上下のアルミパイプの間をつなぐように2mのアルミパイプを縦に渡してその部分を両手で持つ。

これにより2人で支えていたネットが1人で支えられるようになった。

取材先 精華町シルバー人材センター
取材 2014/04/21
掲載 
月刊シルバー人材センター201407  

 ←飛石防護ネット
▲このページトップへ