絵で見る創意くふう事典  》 編集のねらい
 
TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 お客様 社会 地域 探訪記 総目次 索引
 
i編集のねらい  
 このページの掲載項目→                      ●提案実績調査
●書籍版「絵で見る創意くふう事典」の発刊
●ネット公開のいきさつ
●創意社について
●リンク先
●お問合せ先
 
1.提案実績調査  


このサイトの編者、山口幸正は、1973年から12年間、山田宏氏(1923-2006)の下で、提案実績調査を担当しました。山田氏は大阪府立産業能率研究所以来の人脈をベースに、関西の経営者の勉強会「近代経営者クラブ(MMC)」や、当時大阪に本社を置いていた住友金属工業、松下電器産業、久保田鉄工など30社余の人事担当者の勉強会「日本HR協会」を主宰。1956年に産業教材出版業、㈱近代経営社を興した人です。.

月1回開催されていたHR例会では、従業員の参画意識を引き出すためのHR(Hmumam Relations、人間関係)手法としての、朝礼、社内報、誕生会、リクリエーション…などとともに、提案制度がしばしばテーマとして取り上げられ、その推進方法の情報交換と提案実績のアンケート調査が行なわれていました。当時の提案制度は、従業員に自由に提案させることによって、会社と従業員の間に良好な関係をつくり、参画意識を高めることが主な狙いでした。

私が調査を担当するようになったのは、それが少し変化し始めた頃です。高度成長器にあった日本企業は、従業員の高い忠誠心を背景に、全員一丸となって創意工夫・改善・改革を推し進めるようになっており、アメリカから入ってきたQC手法を普及定着させるというねらいも加わって、提案制度は、参画意識の高揚から、改善を促し、コストダウンを図り、生産性を高めるという具体的効果を狙った活動へと変化しつつありました。ZD(Zero Defect)運動、QC(Quality Control)サークル活動、JK(自主管理)活動などの小集団活動を通じて、みんなで改善をすすめながら、その中で生まれた改善アイデアを水平展開し、個人単位で提案・報告させ、表彰するという形がとられ、提案実績は改善の活発さを示すバロメーターでした。

各社で何件の提案が出されたか、そのうち何件が採用され、実施され、どれくらいの賞金が支払われ、どれくらいの経済効果を生んだか、活動をどのように推進しているか…それを一表にまとめた調査は、企業間の競争意識を背景に注目を集め、参加する企業が年々増えていきました。

 
 
 
 
 
 2.書籍版「絵で見る創意くふう事典」の発刊  


この調査の担当となった私は、調査対象をHR例会のメンバー企業からそれ以外の企業へ、大阪から全国へと広げていきました。調査に協力した企業には調査回答とともに、提案制度規定、提案の栞、改善事例集などを送ってもらいました。それをもとに、活発な企業を訪問。提案制度の仕組み、推進方法、改善事例を取材させていただき、それをまとめて、HR協会の機関誌「人と経営・提案制度特集号」を発行しました。こうした取材活動の中で、トヨタ自動車の創意くふう提案事務局を担当されていた揖斐昇氏(1926-)と出会い、「創意くふう提案」で表彰された人たちのインフォーマル・グループ、「トヨタGI(グッドアイデア)クラブ」を知って、何度か取材する機会を得ました。

GIクラブのメンバーたちは、自分たちの創意くふう提案を、改善前と改善後に分け、手描きの絵を添え、壁にOHPで映し出して、みんなの前で発表していました。創意くふう提案活動は、現場の人たちにとって、自分自身が注目を浴びる舞台であるとともに、後輩や部下の指導のツールでもありました。「おやっ」と思った異常を見過ごさず、現状を確認し、異常の原因を探り、対策を考えて提案に書いて提出する。そのことを通じて仕事がレベルアップしていき、自分の地位が高まる。そのために、後輩や部下に改善を教え、ときには代筆までして彼等に改善を習慣づけていきました。(→ 揖斐昇著「提案の心と創造の心」参照)

この取材をもとに「提案制度マニュアル」「アイデア開発」「改善提案ハンドブック」「事務サービス改善提案ハンドブック」…などを編集出版しました。1981年には改善提案教育誌を創刊しました。しかし、提案調査からはじまった仕事がどんどんと拡がっていったことで、私は慢心したのかもしれません。十分な報連相を怠り、山田氏はそれを快く思えなくなっていきました。当時の近代経営社では、ある程度の経験を積むと、会社を離れ、新たな伝手を探し出して独立していくのが普通でした。その順番が回ってきたと思った私は、それまでの仕事を後任に引き継いで、1985年、山田氏のもとを離れ、創意社を興こしました。

それまでに、かなりの数の現場の創意工夫事例を集めていましたので、それを事典の形にまとめたいと思っていました。そこで、10数年にわたって100社を越える会社から取材した改善事例を書籍版「絵で見る創意くふう事典」としてまとめ、1990年、創意社の名前で発刊したのです。文字をワープロで打ち込み、手書きのイラストを張り込み、できる限り経費を抑えて作り上げた最初の1冊を山田宏氏に贈りました。「発刊、おめでとう。これで祝杯をあげてください」と食事券が送られてきました。トヨタ自動車を定年退職後、日本提案活動協会中部本部委員長を務められていた揖斐昇氏に監修者になってもらい、揖斐氏から各社に紹介してもらったこともあり、改善のヒント集として多くの改善提案事務局から好評を得、何度か増刷を重ね、結局5000冊近くを販売しました。
 

 
 3.ネット公開のいきさつ  

その後、人事労務専門誌、社員教育誌などで改善の記事を書かせてもらいながら、「絵で見る創意くふう事典」の増補改訂版を出すことをめざしていました。しかし、揖斐氏もやがて日本提案活動協会を退かれ、出版を肩代わりしてもらえる先を見つけられないまま、いつしか時代が変わっていきました。

創意工夫・改善・改革の大切さは、昔も今も変わりません。だが、そのテーマで取材を申し込んでも、以前のように応じてもらえなくなりました。組織の中に提案事務局担当という仕事がなくなり、提案の賞金予算も改善教育予算もしぼられていたからです。まるで1人ひとりの小さな「改善」をあざ笑うかのように、デジタル化とグローバル化の波が、世界規模の「改善・改革」を推し進めた結果だと、ふと気づきました。

仕事というのは、先輩から教えられた通りになぞることから始まります。その上に自分なりの創意工夫・改善・改革を付け加えることで、私たちは仕事の主人公になることができる。仕事の主人公となって、はじめて周りから認められ、自信が生れ、その向こうのもっと大きな世界を見通せるようになる。創意工夫改善活動は、働く1人ひとりにそのことを実感させていました。しかし、デジタル化が仕事の定型化を推し進め、組織の頂点に立つ1人が何百人、何千人に指示命令し、仕事の結果を容易に確認できるようになった。働く喜び、自分の仕事が周りの役に立っているという1人ひとりの実感を置き去りにしたまま、多くの現場が海外に移転し、国内は非正社員化が進みました。

1人ひとりの創意くふう・改善・改革が組織の中で一定の役割を担った時代は過去のものとなろうとしている。それまで書き溜めた取材事例は、このままでは、おそらく陽の目をみないまま終わってしまう。それなら、お金にはならないけれど、ネット公開しようと決めました。2007年のことです。


創意工夫・改善・改革は今も重要なテーマです
。しかし、組織は1人ひとりの創意工夫・改善・改革に予算をかけなくなり、その結果、それらは組織の外から、ほとんど見えなくなりました。仕事の効率をもっと上げたい、仲間やお客さんや世の中に役つ仕事がしたい、自分の足跡を残したい…そんな思いから生まれる創意・工夫・改善・改革が、いま見えるのは、経営者によるそれだけです。ほとんどの経営者たちは、自分自身のすべてを投入して日々創意工夫・改善・改革を続けている。それを取材し、まとめることで、人と仕事の関わりの一端を見えるものにしていきたい。それを目標に、このサイトを充実させていきたいと考えております。

創意社について  


創意社
産業教材編集出版業。1985年設立。19851996年は株式会社。日本小集団活動協会事務局を引き受ける傍ら、人事労務専門誌及び社員教育誌の取材執筆の受託、社内報編集受託、独自資料教材を出版。1996年、商法改正により最低資本金基準が1000万円に引き上げられたのを機に株式会社としては解散し、以後山口幸正が「創意社」を屋号として取材執筆編集活動を行っています。
●雑誌取材執筆受託:
労務行政研究所編「労政時報」(19852012)、「月刊シルバー人材センター」(1987~2018)、学研産業教育事業部編「THINK UP」(19861990)、ブレーンダイナミックス編「燃えよリーダー」(19922003)、「ポジティブ」(20032009)、日本監督士協会編「リーダーシップ」(2010~)、日刊工業新聞社刊「工場管理」「プレス技術」など。
●単行本資料教材執筆受託:
「小集団活動実践事例集」「異業種交流事例集」(以上アーバンプロデュース)、「力強い提案活動の進め方」(PHPスライド教材)、「改善提案を100倍楽しむ本」「改善・アイデア開発ポイント集」「面白雑学大図鑑」「改善を10倍アピールする本」(以上学研産業教育事業部)、「あなたが主役になる身近なコストダウン」「現場力を強める『見える化』」「見える化・スッキリ職場づくり」「リーダーが引っ張る改善・提案」(以上日本監督士協会)など。
独自資料教材出版:
「提案の心と創造の心」(揖斐昇著)、「人事考課マニュアル」(森本昭文著)、「みんなでやろうTQC」(荒木良二著)、「絵で見る創意くふう事典」(揖斐昇監修)、「提案制度の現状と今後の動向」、「提案力を10倍アップする発想法演習」「提案審査表彰基準集」「ポストバブル期の小集団活動推進事例集」、「改善審査表彰基準集」、「オフィス改善事例集」など。
山口幸正:
1943
年兵庫県生まれ。外資系食品製造業人事部勤務、㈱近代経営社勤務を経て、1985年、創意社を設立。現在は「創意社」を屋号として取材執筆編集活動を行っております

  
 
リンク先  

「絵で見る創意くふう事典・インターネット版」は次の各社のご支援をいただいており、その了承を得て、各社の刊行物所載の山口の取材執筆記事、事例を当サイトに再掲載しております。


日本監督士協会(http://www.kantokushi.or.jp/)
社員教育誌「リーダーシップ」の発行元
ブレーン・ダイナミックス(http://www.brain-d.co.jp/)
社員教育誌「燃えよリーダー」「ポジティブ」の発行元
日本HR協会(http://www.hr-kaizen.com/)
社員教育誌「自己啓発」「創意とくふう」の発行元
労務行政(http://www.rosei.jp/)
人事労務専門誌「労政時報」「月刊シルバー人材センター」の発行元
学研産業教育事業部
社員教育誌「Think Up」の発行元

日本VMセンター(http://www.maroon.dti.ne.jp/nvmc/
 
 
 お問合せ先  

当サイトに関するご意見、お問い合わせは下記メールアドレスの「アットマーク」を「@」に変えてお送りください。折り返しご返事を差し上げます。
yamaguchiアットマークsouisha.com
ワイ・エー・エム・エー・ジー・ユー・シー・エィチ・アイ・アットマークエス・オーユー・アイエスエィチエー・ドットシーオーエム

▲このページトップへ