絵で見る創意くふう事典  》 解説 何に向かって創意くふうするか
 
 TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 顧客 地域 探訪記 解説 総目次 索引
 
i解説 何に向かって創意くふうするか   …
                    このページの掲載項目 創意くふう活動を支えたもの
.ゆたかさの崩壊
会社は誰のものか
4.お金はすべてを支配するか
5.何に向かって創意くふうするか
 
創意くふう活動を支えたもの

197080年代、多くの製造現場で「創意くふう改善活動」が行われていました。ここをこう変えたら仕事がもっとやりやすくなる…という提案を上司に提出し、よし、それでやってみろ、とOKが出れば、自分で改善し、あるいは、QCサークル活動として職場の仲間とともに改善する。そういう活動です。ときどきは、社内外の専門家の力を借りたり、あるいは予算を投入して新しい設備を入れるなど、組織的な「改革」として実施されることもありました。当時はそのようにして「改善・改革」をすすめ、「安正早楽」すなわち「もっと安く、もっと安全に、もっと正確に、もっと早く、もっと楽に」を追求し、企業競争力を高め、もっと豊かになろうとしていました。(揖斐昇著「提案のこころと創造の心」 

当時、この国は「世界の工場」でした。鉄鋼、機械、自動車、家電、精密機器…この国で作られた製品の多くは、他国の追随を許さない優れた品質を持ち、十分な価格競争力を持っていました。働く人たちは「安正早楽」を追求し、自分たちの製品を、計画された通り、間違いなく、効率よく作り続け、世界に送り出せばよかった。しかし、グローバル化と情報化がすすむと、その役割を日本人よりもはるかに賃金の安い新興国の人たちが果たすようになりました。

その結果、多くの企業が海外に工場を移しました。国内の工場で働いていた人たちは、より競争力のある分野の国内メーカー、海外メーカー、そして第3次産業に移っていき、さもなければ非正規社員として、不安定な雇用条件の下で働かざるを得なくなりました。

それまでの日本的労使慣行の下では、新卒者の賃金は低く抑えられていましたが、雇用は基本的には定年まで保証されており、賃金は年々上昇し、それなりの年齢になると、ほとんどの人が結婚するのに十分な賃金を保障されていました。結婚して子供が生まれ、その子が大きくなって次の世代を担っていくというのは、毎朝陽が昇り毎夕陽が沈むのと同じくらい、誰にとっても当たり前のことでした。企業はまず最初に従業員を守り、会社が守ってくれたからこそ、従業員は会社のために骨身を惜しまず働いたし、自分が担当する仕事について、創意くふうし、提案し、改善したのです。

 
2.ゆたかさの崩壊  

しかし、新興国とコスト競争するようになると、そうした年功的賃金制度を維持する余裕がなくなり、能力主義賃金がそれにとって替わりました。賃金を引き上げる対象は、目に見える形で貢献してくれた人だけに絞り込まれました。多くの人の賃金はなかなか上がらなくなり、ゆとりが失われ、夫が働き、妻が家庭を守るという家族の形を維持することが次第に困難になっていきました。それが晩婚化、非婚化、少子化、そして人口減少につながっていきました。

他方で高齢化が進みました。働かなくなった高齢者のための年金・医療・介護などの費用がどんどん増えていきます。それらの費用は、現役の働き手の税金と社会保険料によって支えられていますが、その働き手は減少しつつあります。国と地方の借金が増え、その総額は国民の貯蓄の総額に迫っています。それを越えたらどうなるか。

その前に福祉の水準をきりつめ、ゆとりのある人たちにはもっと多くの税金を負担してもらい、そして、もっと働き手を増やさねばなりません。働き手を増やすには、誰もが結婚でき、夫婦2人で働きながら出産・育児ができる条件を作らねばなりません。それでも足りなければ外国からの移民の受け入れに道を開かねばならない。しかし、きちんと未来を見つめない政治、男が働き女は家庭を守るべきという性別役割分担意識、日本は日本人だけの国であるべきという人々の心の奥までしみこんだ意識がそれを妨げています。

 
3.会社は誰のものか

かつての創意くふう改善活動のベースに、「会社はみんなのもの」という意識が漠然とありました。みんなでコストを減らし、収入を増やし、利益を増やして会社が発展すれば、みんなが幸せになれると思っていました。しかし、グローバル化とともに資本の自由化が進み、会社の株式を外国人も持てるようなると、会社は「みんなのもの」から「株主のもの」になりました。経営者は株主の意向に沿って会社を経営するようになり、それとともに、従業員は働く仲間としてよりも、コストとして意識されるようになりました。

働く人たちをコストとしてみていくと、会社の頭脳を担う人々と、手足となって働く人々とでは期待される役割は自ずと異なります。頭脳を担う人たちは、会社にとって最も有利な選択を考えさせるために時間をかけて育成する必要があり、安定的な雇用を保証し十分な報酬を提供すべきと考えられる。これに対して、手足となって働く人たちには、命じられた仕事を間違いなくやってもらえればそれでよい。そのためには、1人ひとりの恣意的な判断によるブレを小さくすべきである。マニュアルをつくり、そのマニュアルをどこまでもきめこまかくしていけば、誰がやっても同じ結果が得られるようになり、人はいつでも取替えがきくようになる。やがて省力機器やAIに置き換えることも可能になる。だからこそ、必要がなくなったらいつでも雇用関係を終了させられる非正規社員にとどめておくべきではないか。経済合理性をこんなふうに追求していった結果、働く人たちは、すぐには取替えのきかない人のグループといつでも取替えのきく人のグループに分かれていったのです。

 
4.お金はすべてを支配するか  

「いま」という瞬間だけ見れば、人間社会を支配しているのは間違いなくお金です。資本主義社会は、経済合理性に従って利益を求めつづけ、果てしない競争を繰り広げています。その競争に参加することで人々はお金を稼いでいる。お金があれば何でも手に入れられるが、無ければ、ほしいものが買えない。生活に困窮し、最後は社会から脱落する。自分自身がそういう立場に陥るかもしれないことに、ほとんどの人は恐れを抱きます。そして、その恐怖が大きければ大きいほど、自分を安全圏に置きたいという欲求が強くなる。安全圏から脱落しつつある人たちを見ると、自分だけはそうはならないことを確めたいと思う。その思いが、脱落しつつある人たちとの間に距離を置こうとし、壁を築こうとし、差別する気持ちにつながっていく。

しかし、人間はかならずしもお金だけ、経済合理性だけで自分の行動や生き方を決めているわけではありません。
「創意くふう」とは、端的に言えば、自分にとって有利な道を探って色々と考えを巡らせることです。たとえば、カラスは木の実や貝の硬い殻を石に打ちつけて割ったり、高い所から落とします。リスは食べもののない冬のために秋のうちに地面に木の実を隠します。あるいは、ライオンやハイエナが集団で狩りをするとき、獲物を追いたてるものと待ち伏せするものに役割分担して獲物をとらえます。そんな映像をテレビでみると、人間だけでなく、動物も創意くふうしていることがわかります。

ただ、人間と動物の一番の違いは、その有利不利を判断するときに考慮する時間の幅の違いです。「いま」という瞬間の利益だけで考えるなら、人間の判断もカラスやリスやライオンの判断も基本的にはあまり変わりはない。人間にとって「いま」という瞬間の利益に結びついているのはお金です。しかし、人間はお金だけでなく、言葉によっても他の人と関わりながら生きています。言葉を通じて他人の痛みや喜びが自分のものとして伝わります。

 
5.何に向って創意くふうするか  

「いま」という瞬間を越えて、少し先の自分の有利不利まで想像すれば、自分の利益だけを追求しても満足を得られないことに気が付きます。「いま」という瞬間の利益にために、周りの人々の利益を損なえば信頼と支持を失い、自分の住む世界は狭まっていきます。明日とは言わず、もっと先の1年後、10年後、100年後まで想像するなら、自分が全ての人とつながっていることに気が付きます。

私たちはもちろん100年後まで生き続けることはできません。けれども、100年後も今と同じように明るい太陽の光が地上に降り注ぎ、その下で私たちの子孫が自由で希望に満ちた日々を送っていて欲しいと考えるなら、世界はどこまでも平和でなければならず、すべての人が人として大切にされなければなりません。そのためには「今さえよければ」とか「自分さえよければ」という選択はできないのです。

これまでにたくさんの人たちを訪ね、その人たちにとっての創意くふう・改善・改革の話を聴いて記事を書いてきました。その人たちの創意くふう・改善・改革から学ぶことも多かったのですが、心に残ったのは、多くの人が何年も、何十年も先を見つめて自分の進む方向を決めていたことです。100年先まで続く会社をつくりたいと言われた経営者もありました。そのために、人々は、自分たちの利益を越えて、世の中全体の利益にまで思いを馳せ、行動していました。盲目的に自分の利益を追求する人たちがいて、その一方で世の中全体の利益のために働く人たちがいる。そのせめぎ合いが後世に続く歴史を作っていくのだと思います。その歴史を作りつつある人たちを訪ね歩き、話を聴き、記録していきたいと考えております。

第1稿:2015/08/24 改訂:2016/07/14 2017/05/18 2017/06/14 2018/01/03

 ▲このページトップへ