絵で見る創意くふう事典  》 解説 何に向かって創意くふうするか
 
 TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 顧客 地域 探訪記 解説 総目次 索引
 
i解説 何に向かって創意くふうするか   …
                    このページの掲載項目 創意くふう活動を支えたもの
.ゆたかさの崩壊
会社は誰のものか
4.お金はすべてを支配するか
5.何に向かって創意くふうするか
 
創意くふう活動を支えたもの

197080年代、多くの職場で「創意くふう提案活動」や「改善活動」が行われていました。ここをこう変えたら仕事がもっとやりやすくなる、もっと早くできる、もっとコストを下げられる、もっとお客様に喜んでもらえる…という提案を上司に提出し、「よし、それでやってみろ」とOKが出れば、自分で改善し、あるいは、QCサークル活動として職場の仲間とともに改善する。そういう活動です。 

当時、この国は「世界の工場」でした。日本人はみんな勤勉で、優秀で、仕事の仕組みをよく理解し、各人それぞれが技術技能を磨いて「創意くふう」を次々提案し「改善」していました。鉄鋼、機械、自動車、家電、精密機器…この国で作られた製品の多くは、他国の追随を許さない優れた品質を持ち、十分な価格競争力を持っていました。働く人たちは「安正早楽」(もっと安く、もっと安全に、もっと早く、もっと楽に)を追求しつづければ、自分たちはどこまでも豊かになれると思っていました。

しかし、情報化が事態を一変させました。「創意くふう」「改善改革」によって築き上げられた物の作り方、仕事のすすめ方は、文書化され、データ化され、ICチップの記憶素子の配列に置き換えられ、それを利用すれば、誰でもどこでも日本人と同じところから仕事が始められるようになりました。さらに、経済のグローバル化が進み、資本は世界中で最も儲かるところに投下されるようになり、その結果、日本の工場は、当時日本人の20分の1と言われた賃金の安い新興国へ次々移転していきました。国内の工場で働いていた人たちは、海外の工場、あるいは海外移転を免れた国内の工場、あるいは第3次産業へと転職していきました。そして、その多くが「非正規」という、不安定な雇用条件の下で働くことを余儀なくされました。

それまでの日本の労使慣行では、新卒の初任給は低く抑えられていました。その一方で雇用は定年まで保証され、賃金は年々上昇し、それなりの年齢になると、ほとんどの人が結婚するのに十分な賃金を得ることができました。結婚して子供が生まれ、その子が大きくなって次の世代を担っていく…。それは、毎朝陽が昇り毎夕陽が沈むのと同じくらい、1年の中に春夏秋冬があるのと同じくらい、当たり前のことでした。勤勉で忠誠心のい人材は企業競争力の源泉と考えられたから、ほとんどの企業は従業員を大切にしました。だからこそ、従業員は会社のために骨身を惜しまず働き、自分が担当する仕事について、創意くふうし、提案し、改善したのです。

 
2.ゆたかさの崩壊  

しかし、グローバル化が進むと、日本的労使慣行は維持でき.なくなり、能力主義賃金、成果主義賃金がそれにとってかわり、賃金は目に見える形で貢献した人しか上がらなくなりました。暮らしにゆとりがなくなり、夫が働き、妻が家庭を守るという家族の形を維持することが困難になって、晩婚化、非婚化、少子化、人口減少へとつながっていきました。

もう一方で、高齢化が進みました。働けなくなった高齢者の年金・医療・介護の費用が今も増え続けています。その費用を負担する現役の働き手が減少し、国と地方の借金が増え、その総額は国民の貯蓄の総額に迫っています。それを越えたら…あると思っていた蓄えが、すべて借金のカタにとられていたという現実が、どこかで私たちに襲い掛かってきそうです。

そうなる前に福祉の水準をできるだけきりつめなければなりません。ゆとりのある人たちにはもっと多くの税金を負担してもらわねばならない。そして、何よりももっと働き手を増やさねばならない。働き手を増やすには、誰もが結婚でき、夫婦2人で働きながら出産・育児ができる環境条件を整えねばならない。それでも足りなければ外国からの移民の受け入れに道を開かねばならない。しかし、男が働き女は家庭を守るという性別役割分担意識、日本は日本人だけの国でなければならないというナショナリズム、きちんと未来に向き合わない政治がそれを困難にしているようにみえます。

 
3.会社は誰のものか

かつての「創意くふう」「改善」活動のベースは、「会社はみんなのもの」という考え方でした。みんなでコストを減らし、売上を大きくし、利益を増やしていけば会社が発展します。同時に「創意くふう」「改善」は社員1人ひとりの能力を高め、やりがいを感じさせ、自分が会社の役に立っている、世の中の役に立っているという意識を持たせてくれました。だから、この活動を続けることでみんなが幸せになれる…と、みんな思っていた。(揖斐昇著「提案の心と創造の心」

しかし、グローバル化とともに資本の自由化が進むと、会社は「みんなのもの」から「株主のもの」に変わりました。経営者は目の前の利益を追い求める株主の意向に沿って会社を経営するようになり、それとともに、従業員は働く仲間としてではなく、コストとして意識されるようになりました。

働く人たちをコストとして、手段として見ていくと、会社の中には、頭脳を担う人々と手足となって働く人々がいて、期待役割の異なる人たちに同じ人事制度を適用することの非効率が問題視されるようになります。会社にとって最も有利な選択は何かをを判断する人たちには会社への忠誠心が不可欠で、そのために十分な報酬と安定的な雇用の保証が必要と考えられるのに対して、彼らの判断に従って手足となって働く人たちには、命じられた仕事を命じられた通りやってもらえればそれでよいとみなされるようになりました。

「会社はみんなのもの」という考え方の下では、みんなで「創意くふう」し「改善」し、それに応じてルールやマニュアルが書き換えられました。ルールやマニュアルは、ある意味で、働くみんなで作り上げるもの…と思える部分がありました。しかし、会社が株主のものとなり、人をコストとしてとらえるようになると、人はマニュアルによって管理すべき対象に変化します。マニュアルの精度を高めていけば、誰がやっても同じ結果が得られるようになり、やがては省力機器やAIに置き換えることも可能になる。だから、必要がなくなったらいつでも雇用関係を終了させられる「非正規」という働き方、あるいはもともと雇用関係がなく、その時々で命じられた通り働くだけの「派遣」という働き方が広がっていったのです。

 
4.お金はすべてを支配するか  

資本主義社会では、人々を結びつけているのは間違いなくお金です。人びとは会社という組織をつくって、事業を起こし、製品・サービスを販売して、対価を得ます。個人は、その事業に参加することでお金を手に入れます。お金があれば何でも手に入れられるが、無ければたちまち困窮する。困窮が続けば社会から脱落する。脱落しないように福祉制度があり、セーフティネットの仕組みがあるはずなのですが、国と地方の財政の逼迫とともに、その信頼性が揺らいでいます。だから、人々は自分が安全圏にいることを確認したいと思う。安全圏からの脱落するかもしれないという恐怖が強ければ強いほど、人は他人への優しさを失う。脱落しつつある人たちとの間に距離を置こうとし、さらには差別し、バッシングまでします。

「創意くふう」とは、簡単に言えば、目的を達成するのに最も近くて確実な方法は何か、自分にとって有利な道はどれか…と、色々と考えを巡らせることです。カラスは硬い殻を割るために木の実を石に打ちつけたり、高い所から落としたりします。リスは食べもののない冬のために秋のうちに地面に木の実を隠します。ライオンやハイエナは、獲物を追いたてるものと待ち伏せするものに役割分担して獲物をとらえます。テレビでそんな映像をみていると、創意くふうが人間だけのものでないことが容易にわかります。さらにいえば、植物が水を求めて根を張り、太陽の光を求めて枝葉を伸ばすのも、つきつめて言えば、根元はきっと同じです。

ただ、人間と他の生きものの大きな違いは、その有利不利を判断するときに考慮する時間の幅の違いでしょう。「いま」という瞬間の利益だけで考えるなら、人間の判断も他の生物の判断もあまり変わりはない。身の安全を図りたい、美味しいものを食べたい、快適な環境の中に居続けたい…というだけです。ただ、人間はもう少し先のことまで考えます。たとえば、お金に換算した自分の損得を考えます。だが、人間の本当の凄さは、その段階にとどまらず、さらにその先までイメージできるというところです。明日の自分の損得だけにとどまらず、もっと遠い将来の、自分1人だけではないもっと広い範囲の人々の有利不利まで考えることができ、そこまで考えると、選択の結果は大きく違ってきます。

 
5.何に向って創意くふうするか  

もっと先に思いを馳せれば、自分の利益にために周りの人たちの利益を損なえば、支持と信頼を失うことに気づきます。周りの支持と信頼を失なえば、自分の住む世界が狭まっていきます。明日とは言わず、1年後、10年後、100年後まで想像すれば、自分が、自分以外のほとんど全ての人とつながっていることに気が付きます。

もちろん100年後まで生き続けることはできないが、子や孫はその時代を生きている。100年後も今と同じように明るい太陽の光が降り注ぎ、その下で子や孫が自由で希望に満ちた日々を送っていて欲しいと考えるなら、その世界は、人が一部の人にとってのコストや手段という立場に閉じ込められることなく、すべての人が人として大切にされる世界です。そして、1人ひとりが創意くふうを傾けて自分の仕事の価値を高めていける世界です。

このサイトの編者は、これまで、多くの人たちから、創意くふう・改善・改革の話を聞いてきました。前半の20年は組織の中で働く1人ひとりから、後半の20年は組織を率いる経営者から話を聞いてきました。経営者は、自ら事業目標を掲げ、その実現に向けて人々を結集していきます。事業を成功させるには、その目標が世の中から支持され、必要とされるものでなければならない。自分本位では事業を永続させることはできず、人にとって、世の中全体にとって何が一番望ましいことなのかを考えざるを得ない。 

19701980年代、みんなが輝いていたあの時代に思いを馳せると、私たちが生きている今の時代は、試練の時代です。問われているのは、目先の利益のために人々を分断し利用するのではなく、1人ひとりを大切にする社会を取り戻すことができるかどうかでしょう。遠い将来を見据えながら事業を展開している経営者には、イメージとしてそれが見えていて、それに向かって歩んでおられるように思えます。その歩みがこれからの歴史を作っていく。その歴史を作りつつある人たちをこれからも訪ね、話を聴き、記録していきたいと思っております。

第1稿:2015/08/24 改訂:2016/07/14 2017/05/18 2017/06/14 2018/01/03 2018/06/18

 ▲このページトップへ