絵で見る創意くふう事典  》 第12章 組織  》 Kリーダーシップを発揮する
 
TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 お客様 社会 地域 探訪記 総目次 索引
 
組織‐1212 Kリーダーシップを発揮する BACK

 このページの掲載事例→             ●121201 状況がリーダーシップを促す  
●121202 人心荒廃した会社を建てなおす 
 
 
  
 
【121201】状況がリーダーシップを促す  

■「役職がリーダーシップを生むのではありません。リーダーシップを発揮せざるを得ない状況が人にリーダーシップを促し、それが多くの人を巻き込んでイノベ―ションを起こすのです」万協製薬の松浦信男社長は自分自身の体験からそんなふうに言う。

■万協製薬は神戸で創業した外用薬専門の医薬品メーカーである。1995年の阪神大震災で工場が倒壊。辛うじて製造設備だけが残った。父から社長職を引き継いだ松浦さんは、会社再建への協力を社員に求めたが、誰1人ついてきてくれなかった。社員が次々辞めていき、結局自分1人だけが会社に残り、松浦さんは自分自身のリーダーシップのなさを思い知らされた。

■困り果てて、大阪の中堅製薬会社T社に支援を求めた。T社オーナーは、松浦さんにT社の負債の連帯保証人となってくれることを求め、さらにT社の社長を引き受けてくれることを条件に、辛うじて残った万協製薬の設備を引き受け、従来通りの製品を作り続けてもよいと言ってくれた。松浦さんはT社社長として万協製薬の設備を稼働させて、製造を再開。いったん離れていた万協製薬の元社員も戻ってきてくれた。しかし、販売会社はその製品をあくまでT社製品とみなし、万協製薬の名前を出すことは認められなかった。

T社は万協製薬に対して設備の賃料とコンサルタント料を支払い続けていた。しかし、松浦さんの父がその増額を要求したことからT社オーナーとの関係が悪化。結局、松浦さんはT社社長を解任され、1年の猶予の後に万協の設備による万協製品の製造は打ち切られることになった。

■1年の猶予期間の間に松浦さんと数人の元社員が懸命の努力の末に新しい工場用地を見つけ、新たな工場を建設。期限ぎりぎりで新工場での製造に間に合わせ、そのようにして万協製薬は震災前の状態を回復した。

T社時代、松浦さんは製品に「万協製薬」の名前を残すことにこだわったが、実現しなかった。しかし、自社工場で自社製品を作れるようになってからは、世の中から必要とされるものをつくり続けていけばそれで十分と思えるようになった。自分自身のリーダーシップへの自信も生まれ、社員の意見も取り入れ、従来製品をつくったあとの余力で他社のアウトソーシングを引き受けるようになった。現在は、そのアウトソーシング分野が大きく成長し、会社は順調に発展している。 

取材先 万協製薬
取材  2010/07/17
掲載  リーダーシップ2010/10
本文 bankyo.pdf へのリンク

←万協製薬の工場内部
 
【121202】人心荒廃した会社を建てなおす   


■中央タクシーの宇都宮恒久会長の父は、同業組合から頼まれてあるタクシー会社の経営再建を引き受けた。まだ若かった宇都宮さんが、1事務員としてそれを間近で見たことが、現在の中央タクシーの経営に大きな影響を与えたと言う。

■従業員の人心荒廃ぶりは目に余るものがあった。鬱屈した気持ちを、どこかで晴らそうと、みんな機会をうかがっていた。夏の暑い日、クーラーのない車にランニングシャツのまま乗務しようとした乗務員がいた。それを見つけ「着替えて来い。そうでなければ乗務させない」と言った父に、乗務員は「社長だからってでかい面、するんじゃない」とすごみ、靴ベラを叩き割り、ギザギザに尖った先端を突きつけた。父はひるむことなく彼と対峙した。父と睨み合っていた彼の息が次第に荒くなり、やがて、靴ベラをポイと捨ててどこかに立ち去った。また別の乗務員は、お金を持っていなかった乗客を「無賃乗車だ!」と決めつけ、車から引きずり出し、宇都宮さんが制止するまで、殴る、蹴るの暴行を加えた。

■「ここまでねじまがった人々の心を立ち直らせるには10年かかる。そこまでお前に付き合わせるわけにはいかない」と父から促され宇都宮さんは、この会社を離れ、新たに中央タクシーを興すことになった。

■父は赤字続きの経営の実情を組合の執行委員長に説き続け、赤字を埋めるために自分の財産をつぎ込み、ついに自宅まで手放した。そのことを知った委員長が、上部団体の助言もあって協調路線に転じ、他の従業員も徐々にそれに従うようになった。その後業績が好転。10年を経てようやく赤字を脱した。

■それを見届けて、父は宇都宮さんの兄に社長職を委ね、しばらくして他界した。「父は身を削って再建を果たしました。それは私に正しい経営のあり方を教えるためだったと思えてならないのです」と宇都宮さんは言う。 

取材先 中央タクシー
取材  2011/10/21
掲載  リーダーシップ2011/12
本文  
chuotaxi.pdf へのリンク 
 ▲ページトップへ