絵で見る創意くふう事典  》 第12章 組織  》 G褒める
 
 TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 顧客 地域 探訪記 解説 総目次 索引
 
組織‐1208 G褒める BACK

褒めるとは、相手を自分と同じ価値を持った存在と認め、その人が一生懸命になっていることに共感して、その思いを相手に伝えることです。心からの褒め言葉は認められたという喜びと、もっと頑張ろうという勇気を与えます。

 このページの掲載事例→        ●120801 「ごくろうさま」と声をかける  
 ●120802 小さなことを具体的に褒める  
 ●120803 1人ひとりの長所をほめる
 ●120804 びっくり大発見を褒める
 
【120801】 「ごくろうさま」と声をかける  


■1日の仕事を終えるとき、リーダーから「ごくろうさま」と部下をねぎらう。その言葉が単なる儀礼ではなく、自分の働きを関心を持ってみてくれており、それを評価し、感謝していることがその中に込められているとき、部下は「この人のために一生懸命やろう」という気持になれる。

参考文献:加藤和昭著「ほめ方、叱り方、教え方」1988、経営実務出版 

 
 
【120802】 小さなことを具体的に褒める   

■誰もが認める大きな成果を褒めてもさほどの感動を与えることはできない。相手の立場に立って初めてわかる小さなことを具体的に褒めてこそ、相手を感動させ、自信を持たせることができる。

参考文献:加藤和昭著「ほめ方、叱り方、教え方」1988、経営実務出版

  

 
 
 【120803】 1人ひとりの長所を褒める  
 
■新潟の印刷業、タカヨシでは、社員に「ニコニコ手帳」という黒表紙の手帳を配っている。1人ひとりの社員について、同じ職場の仲間がその人の長所を出し合い、それをまとめたもの。「まじめに仕事をこなす行動派」「子どもやお年寄りにやさしい」「夢をわすれない」など1人について20項目の長所が書かれている。長所に目を向けることで短所をカバーし、自信を持たせるのがねらい。

■月1回開かれる社員の誕生会では高橋春義社長はこのことを話題にし、一人ひとりの長所を褒めて励ましている。

取材先 タカヨシ(tanbouki 006)
取材 2006/03/06
掲載 ポジティブ2006/05
本文 takayoshi.pdf へのリンク
 
 
【120804】 びっくり大発見をほめる  


■自動車部品メーカー、フジコーポレーションでは、設備の汚れの発生源をつきとめるために、みんなで油まみれになって機械の点検を行った。

■その過程でびっくりするような様々な発見があった。たとえば冷却水の配管の出口と入口がつながっていて水が流れていなかったり、給水管が肝心な箇所に給水する前に外れていたり…。

■そんなびっくり大発見を見つけたら、図のようなワンポイントレッスンにまとめて、それを集めて「びっくり大発見大会」を開いた。発見されたミスは、
@どのようにして発見されたか
A発見しないとその設備はどうなっていたか
Bなぜ今まで発見されなかったのか
C今後どのようにして発見すべきか
をまとめてみんなの前で発表し、優秀な事例は表彰した。積年の恥を叱らず、逆に発表させて「よく気づいてくれた」と褒めることで、隠れていた問題を見えるようにし、同じ問題を繰り返さないためのいましめとした。


取材先 フジ・コーポレーション
取材 1995/03/06
掲載 燃えよリーダー1998/11
参考文献:奥村功著「ある中小企業のTPMものがたり」1996
  

 
 ▲ページトップへ